石川遼、「ゴルフの難しさ」を再確認 10番で想定外のミスが | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ANAオープン

  • 期間:2016年09月15日-09月18日、
  • 場所:札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)

石川遼、「ゴルフの難しさ」を再確認 10番で想定外のミスが

2016年09月16日17時55分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -12
2 B・ジョーンズ -11
3 片岡大育 -10
4 池田勇太 -9
  今平周吾 -9
  W・J・リー -9
  重永亜斗夢 -9
  金亨成 -9
  李京勲 -9
10 木下稜介 -8

順位の続きを見る

トータル12アンダー・単独首位で2日目を終えた石川遼

トータル12アンダー・単独首位で2日目を終えた石川遼(撮影:米山聡明)

ANAオープン 2日目◇16日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「ANAオープン」の2日目。初日単独首位に立った石川遼はこの日は6バーディ・3ボギーの“69”でラウンド。スコアを3つ伸ばし、トータル12アンダー単独首位の座をキープして大会を折り返した。

ビッグスコア連発!ツアーの様子はフォトギャラリーでチェック! 

 出だしの1番で4メートルを決めて“おはようバーディ”を奪うと、その後も4番で4メートルを沈めたのを皮切りに3連続バーディを奪取。9番パー5でもセカンドをグリーン脇のラフまで持っていくと3打目を1メートルに寄せ、前半だけで5つスコアを伸ばす快進撃をみせる。

 このままこの日もビッグスコアを出すかと思われたが、落とし穴は10番ホールで待っていた。ティショットの打球は左に曲がり林の中に。残り130ヤード、ラフからピッチングで放ったセカンドショットは「フライヤーしてしまい、フックをかけようとしたがかからなかった」とグリーン右奥に突き抜ける。そこから寄せきれずに今大会初のボギーを叩いてしまう。

 「自分の想定の範囲内のミスではなく、ドタバタを取り返すのに時間がかかってしまった」。10番でリズムを乱すと続く11番パー3でもボギー。14番では1つ取り返したが、16番パー3でもスコアを落とし、後半ではスコアを2つ落としてしまった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ニチレイ レディス」ライブフォト
今週の舞台は千葉! 「ニチレイレディス」のライブフォトをお届け!
米女子メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」組み合わせ
畑岡、先週のリベンジなるか?「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」の初日ペアリングをチェック
米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!