持ち球が出ない…藤田光里、悩みの種抱えるも「今年は付き合う覚悟」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

持ち球が出ない…藤田光里、悩みの種抱えるも「今年は付き合う覚悟」

2016年09月08日19時37分

2アンダー・3位タイ発進となった藤田光里

2アンダー・3位タイ発進となった藤田光里(撮影:米山聡明)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日◇8日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>

 国内女子ツアーメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が登別カントリー倶楽部を舞台に開幕し、北海道出身の藤田光里は4バーディ・2ボギーの“70”をマーク。3位タイと上々のスタートを切った。

【関連】藤田光里のプレーを振り返る!女子プロLIVE写真館

 ティショットが安定し、ラフにいく回数が少なかったことがスコアに繋がったと振り返った藤田。ラフに入っても順目であったりと運も味方に。終盤には「長いパットが決まってくれました」と17番パー5で5メートル、最終18番で8メートルを沈めて、スコアを伸ばした。

 アンダーパーが6名のみという難セッティングのなかで好スコアを出したものの、決してスイングの状態がいいわけではない。左に曲がるフック系が持ち球だが、夏頃から右に曲がるスライスやストレート系の球が出ることが多くなったことが、悩みのタネ。自身のもともとの弾道イメージを描けない事態は、コースマネジメントに大きな影響を及ぼすだろう。

 だが「先週の最終日から切り替えてやってます」と、今年いっぱいは“変化した持ち球”と付き合う覚悟を決めると、その開き直りがメジャー大会でのスタートダッシュの一因となった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!