【辻にぃ見聞・特別編】渦巻くラフ、難コースで求められるのは「ボギーを受け入れる“力”」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

  • 期間:2016年09月08日-09月11日、
  • 場所:登別カントリー倶楽部(北海道)

【辻にぃ見聞・特別編】渦巻くラフ、難コースで求められるのは「ボギーを受け入れる“力”」

2016年09月07日11時44分

辻村氏が警戒する深いラフ いかにフェアウェイをキープできるかが勝負のカギをにぎる(撮影:小路友博)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報◇7日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>

 女子プロ日本一を決める大舞台「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が、北海道の登別カントリー倶楽部を舞台に8日(木)、開幕を迎える。国内女子ツアー史上最長の距離の6,750ヤード、5番パー5は日本最長を更新する605ヤードに設定されるなどセッティングに注目が集まっているが、弊サイトで『辻にぃ見聞』を連載するプロコーチ辻村明志氏に、このコースについて語ってもらった。

昨年王者はリオ五輪にも出場したテレサ・ルー 

 距離もさることながら、「このコースで最も注意すべき点は、ラフですね。場所によっては長さが25センチはありました」と辻村氏。「選手たちにキツい長さでしょう。基本的にこの長さのラフで練習できる環境は、普段はありませんから。試合でどのように対応するか、悩まされるはずです。長いだけでなく逆目、順目が渦を巻いている場所もあるので、これも未経験な選手が多い。予測が立たず、ラッキー、アンラッキーも絶対に出てくると思います」。このラフにいかに入れずにプレーできるかがカギであり、「まずはフェアウェイキープ率が大事です」。

 しかし、「どれだけドライバーが良くても距離があるので、セカンドショットも長い番手を握ることになり、グリーンに乗らない場面が必ず出てきます。どの選手も必ずラフの“お世話”になりますね。結局、ラフへの対処が重要になってくるのです」。となれば技術力とともに、“ザ・メジャー”の難セッティングに挑む精神力も求められそうだ。

 「ダブルボギーは避けたいところですが、ボギーを受け入れる力が求められます。自分がピンチになったときに、どれだけ冷静に対処できるか。またボギーが来ても、それを受け入れて“まだガマンできているんだ”と思わなければ、このコースで最後まで戦いきるのは難しいでしょう」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!