悪い流れ断った10分間 石川遼V圏内キープ「メンタルでスコアに貢献」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2016年09月01日-09月04日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

悪い流れ断った10分間 石川遼V圏内キープ「メンタルでスコアに貢献」

2016年09月02日17時53分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 B・ケネディ -7
2 チョ・ミンギュ -5
3 J・B・パク -4
  石川遼 -4
5 S・ハン -3
  文 景俊 -3
7 藤本佳則 -2
  小田孔明 -2
  M・ヘンドリー -2
10 貞方章男 -1

順位の続きを見る

石川遼、メンタルコントロールが成功し持ち直した

石川遼、メンタルコントロールが成功し持ち直した(撮影:上山敬太)

フジサンケイクラシック 2日目◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」は第2ラウンドを行い、3アンダーの2位からスタートした石川遼は5バーディ・4ボギーの“70”でスコアを1つ伸ばしてフィニッシュ。終盤はショットに安定感を欠いて2つのボギーを叩いただけに悔しさも残るが、トータル4アンダーの3位タイと2週連続優勝へ向けて好位置で折り返した。

国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!

 「全体的に反省すべき点は多い」と評したこの日のラウンドは早々に試練が訪れた。スタートの10番でピン左2.5メートルのチャンスにつけるも、ファーストパットを80センチオーバーし、返しも外して3パットのボギー。さらに12番でもセカンドをグリーン奥に外して1メートルに寄せるもこれを決めきれず、2つ目のボギーを喫した。

 得意のインコースでスコアを落とす展開に、悪い流れになっていきそうな場面。それだけに「13番と14番は山場だった」。13番パー3はパーは拾ったものの、「納得いくショットではなかった」とショットの違和感を修正できない。続く14番は285ヤードの設定でワンオンも狙えるだけに、バーディが是が非でも欲しいところ。逆にこのチャンスホールを獲り逃せば、一気に後退していく可能性もあった。

 14番に入る直前、前の組がプレー中のグリーンが空くまで10分弱の待ち時間ができた。石川はあえてギリギリまでティグラウンドに入らず、ギャラリー後方のエリアでおにぎりをほおばり、3番ウッド一本を持って軽いストレッチをしながら時間をつぶした。谷原秀人、キム・キョンテが待つティグラウンドに入ったのはグリーンが空く直前。3番ウッドで放ったティショットは「今日一番だった」と強いドローでピン右奥8メートルにワンオンに成功し、バーディを奪って悪い流れを断ち切った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!