ビッグプレー連発2位 石川遼「振れちゃってる」理想の境地 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2016年09月01日-09月04日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

ビッグプレー連発2位 石川遼「振れちゃってる」理想の境地

2016年09月01日19時06分

自身初の2連勝に向けて、順調な滑り出しを見せた石川遼

自身初の2連勝に向けて、順調な滑り出しを見せた石川遼(撮影:上山敬太)

フジサンケイクラシック 初日◇1日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 今週も主役になるか。4年ぶりの「フジサンケイクラシック」初日を迎えた09年、10年大会覇者・石川遼は5バーディ・2ボギーの“68”で回り、首位のチョ・ミンギュ(韓国)と2打差の単独2位で自身初の2週連続優勝に向けて滑り出した。

国内ツアーに復帰した石川遼をフォトギャラリーで! 

 難しいアウトで耐えて、得意のインで伸ばす。富士桜のセオリー通りのプレーで上位の座を射止めた。「1番でたまたま良いショットでドライバーがまっすぐ行って、3番パー5でも良いショットが打てたので良くなったのかなと思ってやれた」。前日まで不安を覚えていたショットは振れば振るだけキレを増していく。1番でバーディ先行後、最難関の5番はボギーとするも前半をイーブンで終了。バックナインはスーパーショットのオンパレードだ。

 「ショットに関しては打つたびに良い感触になった。打つのが楽しかった」。10番バーディのあと208ヤードの13番パー3ではアイアンショットを1メートルにつけてバーディ。過去に同大会で2度イーグルを奪った経験のある15番パー5は、フェアウェイとグリーンの間にある高い木を3ウッドで超えて2オンに成功しバーディを奪った。

 16番のパー3ではピン根元約20センチに着弾するホールインワン“未遂”に飛び上がって悔しがった。17番のパー5はピンまで270ヤードのセカンドをここも3ウッドでピン奥2メートルのイーグルチャンス。何度も、何度もギャラリーの大歓声を引き出した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!