【WITB】石川遼 本格復帰戦の相棒に選んだドライバーの組み合わせは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

【WITB】石川遼 本格復帰戦の相棒に選んだドライバーの組み合わせは?

2016年08月31日12時03分

最終日難関16番では最高のティショットで優勝を決定付けた

 

最終日難関16番では最高のティショットで優勝を決定付けた(撮影:上山敬太)

 国内男子ツアー後半戦の初戦となった『RIZAP KBCオーガスタ』で、ツアーからの本格復帰戦に挑み、初日から首位を守る完全優勝を果たした石川遼。思い切って振っていくゴルフを貫き、結果的に2位に5打差をつける圧勝で復帰ロード1戦目を飾った。

【関連】石川遼の優勝セッティング画像

 今大会で石川がエースに選んだのは、契約先であるキャロウェイの『XR16 SUBZERO ドライバー』。キャロウェイの“看板プロ”、フィル・ミケルソン(米国)のために作られたモデルで、日本市場では出回ってはいない米国モデルとなっている。シャフトは『日本プロ 日清カップ』より10g軽い、グラファイトデザイン『TourAD TP-6X』を組み合わせている。

 4日間の安定したスコアを支えたのはショートゲームだが、主力2本の『オデッセイ ホワイトホット #5CS』『オデッセイ PT09 ix パター』のうち、今回選択したのは後者。「いまはL字のフィーリングが良くなってきている」という感覚が正しかったことを証明するように、勝負どころのバーディパット、渋いパーパットをことごとく決めきった。

 本人が待ち望む大舞台、松山英樹とのタッグで出場が決まった『ワールドカップ』へ向けて全力で仕上げていく段階だけに、連戦での参戦予定の『ANAオープン』までの国内男子ツアーでセッティングに変化があるのか注目したいところだ。


石川遼のセッティング(WITB=Whats in the Bag)】

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!