石川遼、首位発進の要因は取り戻した「アイアンの距離感」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

RIZAP KBCオーガスタ

  • 期間:2016年08月25日-08月28日、
  • 場所:芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)

石川遼、首位発進の要因は取り戻した「アイアンの距離感」

2016年08月25日19時47分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -6
  太田直己 -6
  任成宰 -6
  宋永漢 -6
  B・ケネディ -6
  平本穏 -6
  小田龍一 -6
  福永安伸 -6
9 岩本 高志 -5
  永野竜太郎 -5

順位の続きを見る

2番のセカンドショット、このホールはここからパーをセーブ

2番のセカンドショット、このホールはここからパーをセーブ(撮影:上山敬太)

RIZAP KBCオーガスタ 初日◇25日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)

 国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」初日に“66”をマークし、首位タイ発進を決めた石川遼。1月の怪我以降は約半年間ツアー出場なし。『日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯』で復帰したものの万全な状態には程遠く、本格的な復帰戦となった今大会で最高のスタートを切った。

弟・航は姉の葉子さんとコンビを組んで出場

 ビッグスコアの要因は「ウェッジを含めてのアイアンの距離感」が良かったこと。石川が復帰にあたり、危惧していたのは「この1か月の調整ではドライバーがすごくいいリズムで打てていて…それがアイアンでできるか?、と」。試合前日も体の調整は万全ながら“試合勘にかかわる1ヤードの精度”がキーポイントと語ったが、初日は前半から手ごたえを掴んだ。

 初バーディを奪った12番での2打目。7番アイアンで3mのチャンスにつけたショットで「タイミングがしっかり合ったいいスイングができて…“アイアンは良くなった”と思えた」と確信を得ると、その後1バーディ・1ボギーで迎えた17番202ヤード・パー3も7番アイアンでチャンスを作り、2アンダーに。

 勢いに乗った石川は続く18番パー5、残り210ヤードの2打目で再び7番アイアンを選択するとピン奥3mにつけイーグルチャンスを創出。しっかりと決めきって上位に顔を出すと、後半も2バーディ・ノーボギーの安定したプレーを見せ、6アンダーでホールアウトした。
 もともと石川はドライバーについては曲がりを気にせずに、ラフにいっても芯にしっかり当たるように振り切るタイプ。この日もフェアウェイに残ったのは本人いわく2度だけだが「数字以上にドライバーの手ごたえがある。振り切れている」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!