【女子プロ徹底調査第1回】日焼け対策ってどうしてる? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 期間:2016年08月12日-08月14日、
  • 場所:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)

【女子プロ徹底調査第1回】日焼け対策ってどうしてる?

2016年08月11日09時37分

北海道出身の藤田光里、日焼け止めは「一応塗る」程度だそう(撮影:福田文平)

 女子プロゴルファーのあんなことやこんなことを徹底調査する企画『女子プロ徹底調査』。第1回はゴルファーにつきものである“日焼け”。アマチュアゴルファーにとっても大敵である紫外線を、毎日のように浴びている女子プロはどのように対策しているのか。焼き方にこだわりがある選手もいるようで…。

【関連写真】それでも焼けちゃう…日焼け跡を見せてもらいました!

 「日傘も日焼け止めも好きじゃないんです」と話すのは北海道出身の藤田光里。「一応塗る」程度だという。そんな藤田がこだわっているのが焼き方。ドレスを着たときに腕の日焼け跡が目立たないように、定期的に腕まくりをして跡を濁すようにしている。

 篠原まりあも同じく「腕の日焼け跡をくっきりさせたくない」1人。試合中に腕まくりをしてしまうとスポンサーロゴが見えなくなるため、練習日に腕を焼くようにしているという。ただ、試合中は日本女子プロゴルフ協会のオフィシャルパートナーである資生堂の日焼け止めを、朝とハーフターン時の2度使用。「塗ると終わった後の火照り方が違う」と話していた。

 南国・台湾出身のベイブ・リュウも袖の日焼け跡が無い。「いつも腕をまくっているからあんまり境目がないですね(笑)。日焼け止めもサンクリームを塗るくらい」と対策は最小限だ。同じ台湾出身でもサイ・ペイインは「日焼け止めを塗って、なるべく傘を差すようにしています」と紫外線対策を徹底。ともに共通するのが「台湾のほうが暑いから気温は大丈夫」ということだった。

 「“日焼けすると疲れる”ということは、小さいころから体験しているので分かっています。肌を出さない方が慣れたら涼しいですよ」と話すのは、沖縄出身の川満陽香理。とはいえ「でも、おしゃれもしたい」のが乙女心。「長ズボンをはくとファッションがワンパターンになってしまいます。ニーハイソックスだったりインナーを駆使して、スカートをはくようにしていますよ」と工夫しているようだ。

【関連記事】

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!