H・ステンソンの全英優勝は「仕上げ」ではなく「始まり」だ【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

THE OPEN 2016 July 14 thu - 17 sun

2016年7月14日-7月17日 ロイヤルトゥルーンCC(スコットランド)

David Cannon/Getty Images

H・ステンソンの全英優勝は「仕上げ」ではなく「始まり」だ【舩越園子コラム】

2016年07月18日12時20分

46歳のミケルソンとガッチリ握手をかわしたステンソン。まだまだ老け込む年齢ではない。そう、新たな人生の始まりだ(撮影:岩本芳弘)

 

46歳のミケルソンとガッチリ握手をかわしたステンソン。まだまだ老け込む年齢ではない。そう、新たな人生の始まりだ(撮影:岩本芳弘)

 フィル・ミケルソンとの激しい一騎打ちの末、全英オープンを制したヘンリック・ステンソン。これまでメジャー大会での惜敗は数知れず。しかし、メジャー最終日を初めて首位で迎えることになった3日目の夜、彼はおもむろに、こんなことを言い出した。

「絶対に譲らない」と語った3日目のヘンリック・ステンソン

「僕は今40歳。いつまでも永遠にメジャーで戦えるわけじゃない。メジャー優勝のチャンスが、あと50回残ってるわけじゃない。だから僕は自分でチャンスを作り出し、それをモノにしてみせる。明日、勝てるかどうかは50‐50。そりゃあ、勝っても負けても月曜日の朝、太陽はまた昇るけど、この勝負は僕の人生の仕上げになる」

 まるで引退でも考えているかのような話ぶり。負けたらそれは人生の終わりだと覚悟しているような、そんな悲痛な叫びが聞こえてきた。「まだ40歳」のはずなのに「もう40歳」「すでに40歳」と感じている。そんなステンソンの焦りが伝わってきた。

 しかし、それはミケルソンとの因縁対決を控えた自分自身を鼓舞し、心に鞭打つための言葉だったのだろうか。死闘を制し、最後は3打差をつけてメジャー初優勝とスウェーデン人男子初のメジャー制覇を成し遂げたステンソンは、安堵と至福の微笑みをたたえながら、前日の年齢の話を再び反芻(はんすう)し始めた。

「2009年のターンベリーでは(当時59歳の)トム・ワトソンの目を見張るようなプレーぶりを眺めた。僕より年齢を重ねた選手が全英オープンで素晴らしいパフォーマンスを披露することは、ままある。でも、それは年齢のおかげというより、その選手が積み重ねてきた経験のおかげだ」

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!