全米屈指の高速グリーンコースの後遺症…パット巧者・谷原に残った余韻 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ

  • 期間:2016年06月30日-07月03日、
  • 場所:ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)

全米屈指の高速グリーンコースの後遺症…パット巧者・谷原に残った余韻

2016年07月01日18時42分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 谷原秀人 -9
  T・クロンパ -9
3 木下稜介 -7
  小西健太 -7
5 小林伸太郎 -6
  竹谷佳孝 -6
7 M・ヘンドリー -5
  重永亜斗夢 -5
  D・オー -5
  小池一平 -5

順位の続きを見る

谷原秀人、“65”を叩きだしトップに立つもグリーン上にはまだ不安が

谷原秀人、“65”を叩きだしトップに立つもグリーン上にはまだ不安が(撮影:米山聡明)

長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2日目◇30日◇ザ・ノースカントリークラブ(7,167ヤード ・パー72)>

 国内男子ツアー『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』2日目を7バーディ・ノーボギーラウンドでトータル9アンダー・単独首位に浮上した谷原秀人。この日はワンピンのチャンスにつけたパットをことごとく沈め、スコアを伸ばしたものの『全米オープン』で味わった「いままでで初めてと思えるくらい難しいグリーン」の後遺症がツアー屈指のパット巧者を悩ませている。

【関連ニュース】初出場で4日間完走 谷原秀人が全米オープンで見た技術、メンタル

 『全米オープン』を4日間戦い、すぐさま迎えた先週のホスト大会『ISPSハンダグローバルカップ』。昨年予選落ちしているだけに今年こそ結果を出したい大会だったが「良くなかったのはパターだけだったので…。本当にカップに届かなかったし、自分のなかではなかなか修正できなかった」とショットは悪くなかったものの、最後までパットのタッチが合わなかった。

 理由は『全米オープン』の余韻が残りすぎていたことで「どのくらいで消えるんでしょうね。今もイメージが残っていて、上りで逆目になると“打たなくては”と思ってしまう」。今大会と「見た目のスピードと自分の感覚を意識したらイメージが残ったまますぐに。考えたくないので」と“早め”に打つことで対処しているが、7つのバーディチャンスを沈めても「週末はどうなるかですね…」と不安が口をつく。

 「経験できただけでも良かったですね。どこかで役に立つんじゃないですか」と笑うも、毎年の1コース1コースごとグリーンの感触を覚えているという鋭敏な感覚を持つ谷原には刺激が強すぎたことだろう。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!