2日連続イーグルダンス!宮里優作は松山英樹の分まで奮い立つ | ALBA.Netのゴルフニュース

-

U.S. Open 2016 June 16 thu - 19 sun

全米オープン特集期間:2016年6月16日-6月19日 場所:オークモントCC(ペンシルベニア)

全米オープン

  • 期間:2016年06月16日-06月19日、
  • 場所:オークモントCC(ペンシルベニア)

2日連続イーグルダンス!宮里優作は松山英樹の分まで奮い立つ

2016年06月20日09時36分

2日連続でイーグル奪取!濃密な4日間だった(撮影:岩本芳弘)

全米オープン 最終日◇19日◇オークモント・カントリークラブ(7,257ヤード・パー70)>

 世界最高峰の舞台で宮里優作が、また踊った。第2ラウンドの18番ホールで約188ヤードのセカンドを左サイドからのフェードボールで放り込んで、趣味にする葉巻の師匠と仰ぐミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)を真似たダンスを披露して喝さいを浴びたのはつい前日。この日の最終ラウンド14番でもセカンドを直接放り込むイーグルを奪った。この日は1イーグル・1バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの“74”でトータル7オーバーの23位タイでフィニッシュした。

【関連】第2ラウンドで見せた華麗?!なダンスを動画で!

 「8番のダボから流れを悪くした」と3つスコアを落として迎えた14番だった。約160ヤードのセカンドは「もう少し右に打ちたかった」と不安げに見送ったが、ボールはピンハイに落ちるとスピンで方向を変えて左サイドのカップにおさまった。

 宮里の位置からは見えなかったものの、杉澤伸章キャディからカップインを伝えられると、さあ、ダンスタイム。クラブを腰の鞘に納めると、お尻を振り、手を前後に回しながらバックステップ。前日よりは少し控えめだったが、前日には“本家”のダンスを動画サイトでチェックしており、「クオリティちょっと上がったね。肩の動きを取り入れたから」と確かな成長?も実感した。

 だが、この一撃をスコアにつなげられなかったのが口惜しい。「そのあとがもったいない。粘って終わりたかったというのが本音」。15番、16番はイーグルを帳消しになる連続ボギー。課題としたドライバーに復調傾向が見られたのは収穫だが、生命線のアイアンショットがこの日は左にブレるミスを頻発。「右を見て打っても左に行く。足が疲れてキックが効いていない」。前日には1日36ホールを消化。自信があったという体力はいつの間にか限界に近付いていた。

おすすめコンテンツ