メンバーは“ドM”集団 全米の舞台オークモントはこんなコース | ALBA.Netのゴルフニュース

-

U.S. Open 2016 June 16 thu - 19 sun

全米オープン特集期間:2016年6月16日-6月19日 場所:オークモントCC(ペンシルベニア)

全米オープン

  • 期間:2016年06月16日-06月19日、
  • 場所:オークモントCC(ペンシルベニア)

メンバーは“ドM”集団 全米の舞台オークモントはこんなコース

2016年06月16日11時43分

“ドM”が喜ぶコースはこのように作られる(撮影:岩本芳弘)

全米オープン 事前情報◇15日◇オークモント・カントリークラブ(7,257ヤード・パー70)>

 ペンシルバニア州の南西部。かつては鉄鋼生産の中心地として栄え、町を流れる3つの川には446もの橋がかかる“橋の町”ピッツバーグ。その北部に流れるアレゲニー川沿いの小高い丘に、今年の海外メジャー第2戦「全米オープン」会場となるオークモント・カントリークラブはある。全米オープンでもっともタフとされるコースはどのようにしてつくられるのか。コース管理関係者に話を聞いた。

【関連画像】教会の椅子“チャーチピューズ”と呼ばれる3番と4番の間にある名物バンカー

 コースを設計したヘンリー・フォーンズは、もともとピッツバーグで鉄鋼業を営んでいたがこれを売却し、息子と共にその利益でコースを作り上げた。ティグラウンドからホールを見渡せるレイアウトながら、大きなアンジュレーションと200を超えるバンカー群。そして、全米屈指の高速グリーンが変わらぬコンセプトで110年以上が経過した今も選手を苦しめている。

 「世界一難しいコースを作る」というフォーンズの思いは、約400名のメンバーが今も受け継いでいる。完全プライベートクラブで約160名がシングルハンデを持つというトップアマが集まるエリート集団はコースに対して極限の難度を求める。日本ではあまりに難しいコースはプレー進行遅延などにつながるため敬遠される傾向にあるが、オークモントの住人達は難しければ難しいほど気分がアガる“ドM”の集まり。それが顕著に反映されるのがやはりグリーンだ。

 この「全米オープン」ではグリーンの速さが13フィートから14フィートに設定される予定となっているが、通常営業では15フィート以上が“常時”キープされる。風が抜けるホールでは17フィートまで上がることもあるといい、アンジュレーションのあるグリーンでボールを止めるのはほぼ不可能だという。ラフの長さはもちろん違うものの、世界のトッププロが技術を競う舞台よりも速いグリーンでプレーすることがメンバーの誇りであり、オークモントの特徴でもある。

おすすめコンテンツ