服部真夕が実践!“アプローチを避けてスコアを作る”工夫とは!? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

服部真夕が実践!“アプローチを避けてスコアを作る”工夫とは!?

2016年06月11日19時08分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 カン・スーヨン -12
2 堀琴音 -9
3 服部真夕 -7
  キム・ハヌル -7
5 申ジエ -6
  渡邉彩香 -6
  青木瀬令奈 -6
  吉田弓美子 -6
  イ・ボミ -6
10 穴井詩 -5

順位の続きを見る

服部が実践するアプローチ回避法とは?

服部が実践するアプローチ回避法とは?(撮影:米山聡明)

<サントリーレディス 3日目◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード ・パー72)>

 大会3日目がムービングデーとなった国内女子ツアー『サントリーレディス』。トップを走るカン・スーヨンキム・ハヌルイ・ボミ(3人とも韓国)ら上位陣が伸ばしあぐねる中、服部真夕がスコアを7つ伸ばす“65”の猛チャージ。36位タイから一気に3位タイと優勝を狙える位置に浮上した。

サントリーレディスの激闘はライブフォトでチェック!!

 1番で3mのチャンスを沈めたのを皮切りにバーディラッシュがスタート。1つ重ねて迎えた6番からは3連続バーディで7番は7mのロングパットを沈めた。折り返してからも得意のパターでスコアメイク。きわどいパーパットを決めつつ、バーディを2つ奪い、圧巻の7バーディ・ノーボギーラウンド。「こんなスコアが出ると思っていなかった」と笑顔のホールアウトとなった。

 2013年からアプローチ不振となり、現在も悩まされている服部。だが去年から“アプローチをできる限り避ける”ために2つの工夫をしている。1つがセッティング変更、そしてもう1つがラフからのパッティングだ。

 元々飛距離に定評があるため、これまではパー5で2オンを狙うことも多かったが、届く距離でも基本戦略はレイアップ。3打目で確実にグリーンを捉えるマネジメントにチェンジしたことでクラブセッティングにも変化が…

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!