勝負のパットは届かず…上田桃子、2シーズンぶりの勝利のがす | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ヨネックスレディスゴルフトーナメント

  • 期間:2016年06月03日-06月05日、
  • 場所:ヨネックスカントリークラブ(新潟県)

勝負のパットは届かず…上田桃子、2シーズンぶりの勝利のがす

2016年06月05日18時30分

上田桃子は好ショットを連発してプレーオフまで持ち込むも…

上田桃子は好ショットを連発してプレーオフまで持ち込むも…(撮影:米山聡明)

ヨネックスレディス 最終日◇5日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード ・パー72)>

 首位と5打差の3位タイから出た上田桃子はこの日5バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。4つスコアを伸ばし、初日から首位を走るポラニ・チュティチャイ(タイ)を18番のバーディでとらえ、プレーオフに持ち込んだ。

プレーオフでのバーディパットを決めきれず悔しい表情を見せる上田桃子

 18番パー5の繰り返しで行われたプレーオフ。1ホール目は両者バーディ。2ホール目、上田の花道左ラフから放った第3打は「12〜13ヤードコロがる想定だったけど、グリーン面が見えなくて難しい状況だった」と大きくショート。5メートルのバーディパットもカップ手前で力なく止まり、上からのパットを沈めたチュティチャイに軍配が上がった。

 「こういうところで勝負できるパットをしていかなきゃいけないし、いい勉強になった」と悔しい1打を思い出して言葉を搾り出した上田。「中盤はいいショットもあったし、もったいのもあった。これもゴルフだと思って気持ちを切り替えてやったけど、今はまだまだということしか考えられない」と悔しさを吐露した。

 しかし、久しぶりの優勝争いは大きな刺激にもなった。「毎週出るからには優勝を狙っていますし、今週経験したことを来週につなげられれば」、この悔しさを必ず次の勝利につなげてみせる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!