渡邉彩香、16番のボギーに悔し涙…2打届かず2位に | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

渡邉彩香、16番のボギーに悔し涙…2打届かず2位に

2016年05月08日17時57分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 レキシー・トンプソン -13
2 渡邉彩香 -11
3 キム・ハヌル -6
4 ぺ・ヒギョン -5
  飯島茜 -5
  イ・ボミ -5
7 吉田弓美子 -4
8 パク・ソンヒョン -2
  申ジエ -2
  藤田さいき -2

順位の続きを見る

21歳の世界ランク3位の強さを肌で感じた4日間だった

21歳の世界ランク3位の強さを肌で感じた4日間だった(撮影:米山聡明)

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇8日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>

 あふれ出る涙を止めることはできなかった。首位を独走するレクシー・トンプソン(米国)を闘志あふれるプレーで追撃した渡邉彩香。後半14番から連続バーディを奪って、トンプソンの背中に迫ったが、16番のセカンドショットは木に当たるミスショット。3打目は1.5メートルにつけたが決めることができずボギーとした。

最終日は何度もトラブルを迎えたトンプソン スキはあった

 「あそこがキーになってしまったと思います」と言葉を搾り出した渡邉。「差があるのでバーディを狙い続けるしかなかったし、全然狙えないラインではなかったので…」、16番はトンプソンもボギー。パーでも差が縮められる場面での悔しいプレーとなった。最終18番パー5では2オンし、イーグルを狙う積極的なプレーを見せたがバーディどまり。2打差でついにトンプソンの背中には届かなかった。

 「もっと出来たという気持ちもあるけど、優勝を目標としていた中で最終日最終組で世界のトップと優勝争いができたのはよかった」。栄冠には手が届かなかったが最後までトンプソンを倒そうと歯を食いしばって戦い抜いた。「気持ちと結果が伴わないのがあったけど、そういうところはすごく成長を感じる部分」、強い気持ちを結果に出すことができたのは収穫といえる。

 この日流した涙がきっと、渡邉をもっと強くしてくれる。大きなポテンシャルを秘める和製大砲、この悔しさをいつか飛躍へのバネにできる日はきっと来る。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!