市原弘大、いつもとは違う惜敗の味「成果はある」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

パナソニックオープン

  • 期間:2016年04月21日-04月24日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県)

市原弘大、いつもとは違う惜敗の味「成果はある」

2016年04月24日20時12分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -13
2 金庚泰 -10
  M・フレーザー -10
4 今平周吾 -9
5 市原弘大 -8
  S・カプール -8
7 T・クロンパ -7
8 王情訓 -6
9 呂偉智 -5
  片山晋呉 -5

順位の続きを見る

市原弘大、今日の惜敗を次の大会につなげたい

市原弘大、今日の惜敗を次の大会につなげたい(撮影:ALBA)

パナソニックオープン 最終日◇24日◇千葉カントリークラブ梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

 またも初勝利には届かなかった。だが、収穫は少なくなかったといっていいだろう。トータル8アンダーの2位からスタートした市原弘大は2バーディ・2ボギーの“71”とスコアを伸ばせなかったものの、トータル8アンダーをキープして5位タイで4日間を終えた。

【関連写真】アンカリングしないスタイルで長尺を使いこなす市原弘大

 池田勇太の猛チャージを前の組に感じつつ最終組で粘りのゴルフを見せた。1番でバーディ先行のあとはなかなかスコアを伸ばせない展開。それでも同組のシブ・カプール(インド)、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)がスコアを落としていく中、3メートルを残した5番ホールなど何度も迎えたピンチを拾って後半のチャンスにかけた。しかし、11番バーディのあとは「続かなかった」。2つのボギーを叩いて粘りを勢いにつなげることができなかったのは今後の課題と言える。

 それでも、いつもの敗戦とは少し後味が違う。「いつもこういうところではオーバーパーが多かったので、そういう意味ではこの2日間オーバーパーを打たなかったのは良かった」。このオフには谷口徹の宮崎合宿に2年連続で参加。「谷口さんはどこからでもしっかりイメージを作っている。僕はあいまいな部分があったので、そういう準備の面で参考になった」とかつての賞金王はもちろん、松村道央らツアー優勝者と時間を共にするうちに自身に足りないものも見えてきた。

 この日は伸ばせなかったものの、「前よりは準備ができるようになった。そういう意味では成果はある」と数字以上に大きな手ごたえはある。かつて主戦場としたアジアンツアーの賞金ランキングも34位となりこちらのシード確保(60位以内)にも前進した。その意味でも4日間の収穫は大きなものだった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!