池田勇太なりの石川遼へのエール?「クラブ持って来い」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

パナソニックオープン

  • 期間:2016年04月21日-04月24日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県)

池田勇太なりの石川遼へのエール?「クラブ持って来い」

2016年04月24日19時00分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -13
2 金庚泰 -10
  M・フレーザー -10
4 今平周吾 -9
5 市原弘大 -8
  S・カプール -8
7 T・クロンパ -7
8 王情訓 -6
9 呂偉智 -5
  片山晋呉 -5

順位の続きを見る

ラウンドリポーターとして池田勇太らの組をフォローした石川遼

ラウンドリポーターとして池田勇太らの組をフォローした石川遼(撮影:ALBA)

パナソニックオープン 最終日◇24日◇千葉カントリークラブ梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「パナソニックオープン」の決勝ラウンドは2日間続けて石川遼がラウンドレポーターとしてマイクを握った。この日は最終組の1つ前で優勝をもぎ取った池田勇太、マーカス・フレーザー(オーストラリア)、イ・サンヒ(韓国)組を18ホールフォローし、“遼勇”対決で何度も名勝負を繰り広げてきた池田の通算14勝目を見届けた。

【関連写真】石川遼が着目した5番のセカンドショット!

 1番、2番の連続バーディを皮切りに前半だけで6バーディの“29”。一気に試合の流れを引き寄せた池田のプレーには石川も感嘆の声を上げるしかなかった。「ものすごいことを簡単にやっているように見えた。ゾーンに近い感じに入っていたと思う。後半多少つまずいても余裕があるくらいの差を前半で作っていた。後続が追撃態勢をとるところまでいかなかったですよね」。

 着目したのは3つスコアを伸ばして迎えた5番ホール。池田のティショットは右サイドの木に当たり林の中に入るトラブルを迎えた。しかし、池田は流れを切らすことなくパーを拾った。「ピンまで188ヤードをフロントエッジの距離だけ決めて3ヤードくらいの花道の狙ったところに運んで2パットのパー。流れを切らすどころかバーディよりも大きいパーだったと思う」。思い通りの弾道でグリーンをとらえた一打を見届けた石川の顔には思わず笑みすら浮かんでいた。

 キレキレのアイアンショットは石川が知る好調時の池田勇太そのもの。「17番もアイアンに不安があったらボギーにする可能性もあった。でも、ラフから160ヤードをピッチングウェッジでフライヤーさせてピッタリ乗せてきて、あれが実質のウイニングショットだったと思う」。スキを見せない強い勝ち方に口をつく言葉は惜しみない称賛だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!