ツアー14勝目は「スタートライン」池田勇太が見る“これから” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

パナソニックオープン

  • 期間:2016年04月21日-04月24日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県)

ツアー14勝目は「スタートライン」池田勇太が見る“これから”

2016年04月24日18時15分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 池田勇太 -13
2 金庚泰 -10
  M・フレーザー -10
4 今平周吾 -9
5 市原弘大 -8
  S・カプール -8
7 T・クロンパ -7
8 王情訓 -6
9 呂偉智 -5
  片山晋呉 -5

順位の続きを見る

嬉しい30歳になって初勝利!池田勇太が思い出の地でツアー14勝目

嬉しい30歳になって初勝利!池田勇太が思い出の地でツアー14勝目(撮影:ALBA)

パナソニックオープン 最終日◇24日◇千葉カントリークラブ梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

 「はじまりというか。やっとスタートラインに立ったという感じ」。パナソニックオープンでツアー通算14勝目を挙げた池田勇太は、淡々とこの日の勝利を振り返っていた。

【関連写真】新生・池田勇太は髪型も一新!

 「自分でもびっくりするくらいバーディが獲れた」と1番でのバーディから2番では約15ヤードをチップインバーディ。前半の“29”で一気に勝負を決めた展開は劇的だった。2014年の「日本オープン」を制した千葉CC梅郷コースでの2勝目というのも「すごい縁だと思う」とコースとの不思議な相性も感じている。だがむしろ池田は今大会で記した“14”という数字の向こうにある“これから”に視線を向けた。

 このオフはクラブ、ウエアともに契約を一新して文字通り新生・池田勇太としてスタートを切った。「変化は楽しいけど、やっぱり苦労もあるよ」。複数メーカーをバッグに入れるクラブセッティングは、結局国内開幕まで調整が間に合わなかった。ヨネックス製のN1-CBフォージドアイアンはここにきて信頼をおけるまでにフィットしてきたが、開幕直前に変更したドライバーや、最終日を前にシャフトを差し替えた3Wなどクラブの調整もまだ“これから”。「やることはまだたくさんある」。

 4月に挙げた勝利はこれが初めて。シーズンもまだ“これから”が本番だ。これまでの13勝はすべて6月以降に挙げておりそこから勝ち星を積み重ねようにも時間が足りなかった。だけど今年は違う。「早くキリの良い15まで行きたいし、そこまで行ったら今度は16はあんまり好きな数字じゃないから17だな」。もちろん目指す先には未だ届いていない賞金王の称号もある。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!