岩田寛、強風に苦しめられ18位タイで終戦「100とかいきそうだった」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ファーマーズ・インシュランス・オープン

  • 期間:2016年01月28日-01月31日、
  • 場所:トリーパインズGC(カリフォルニア)

岩田寛、強風に苦しめられ18位タイで終戦「100とかいきそうだった」

2016年02月02日07時29分

厳しいコンディションでのラウンドとなった

厳しいコンディションでのラウンドとなった(撮影:岩本芳弘)

ファーマーズ・インシュランス・オープン 5日目◇1日◇トリーパインズGC>

 悪天候のため、決着が月曜日までずれ込んだ米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」。現地時間の8時に競技が再開される予定だったが、昨晩の強風で大木が何本もコース上に倒れ、整備に時間がかかり2時間遅れの10時にスタートとなった。

16番のセカンド地点には折れた大木が…

 天候は回復したが、この日も風速10メートル超の強風が吹く難しいコンディションに。岩田は13番のセカンドショットからスタート。深いラフで5番ウッドを持ったがこれが20ヤードほどしか飛ばずに再びラフへ。第3打はフェアウェイに刻み、第4打でピンまで5メートルにつけたが外れてしまいボギーに。ここから16番まで4連続ボギーと苦しい展開に。

 17番、18番はパーにまとめ、結局最終ラウンドは1バーディ・9ボギーの“80”。スコアを8つ後退させトータル2オーバー18位タイで競技を終えた。次週の出場が掛かったトップ10入りは逃し、悔しい結果となったが今季の自己最高位でフィニッシュした。

 「最悪でしたね…。でも天気が良かったら、もっと最悪だったので、天気が悪くて良かったです」と自身のショットの不調に対し苛立ちを隠さなかった岩田。「耐えなかったら100とかいきそうだった」と強風の影響もあり、かなり苦しいラウンドになってしまった。「こんな中であんまりやることはないので、将来に生きれば良いと思います」、結果には悔しさが残るが最後には前を向いた。なお、岩田は今週は1週間はオフとなりロサンゼルス近郊で調整をする予定となっている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!