経験や実績を上回ったF・ゴメスの熱い想い【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

経験や実績を上回ったF・ゴメスの熱い想い【舩越園子コラム】

2016年01月18日16時15分

苦労人のF・ゴメス、大逆転でツアー2勝目!

 

苦労人のF・ゴメス、大逆転でツアー2勝目!(撮影:米山聡明)

 ソニーオープン最終日の優勝争いは、最終的には米国出身のブラント・スネデカーとアルゼンチン出身のファビアン・ゴメスのプレーオフとなり、ゴメスの勝利で幕を閉じた。だが、72ホール目までは若きザック・ブレアを交えた三つ巴で、その三者三様ぶりがなんとも面白かった。

最終日のプレーをフォトギャラリーで振り返る!

 米国人のブレアは米ツアー2季目を迎えた25歳。まだ未勝利で、最終日を首位で迎えたのも今大会が自身初。経験も実績も少ないが、若いがゆえに恐れを知らない強さが彼にはある。父親ジェームス・ブレアは80年代後半に米ツアーに参戦していた元ツアープロ。ブレアのバッグを担いでいるのは、かつてトム・レーマンのキャディを長年務めたアンディ・マルティネス。そんな素晴らしい参謀たちに支えられているブレアは、ワイアラエで初優勝を目指して好プレーをしていたが、第2打をグリーンサイドのバンカーの淵へ外した14番のボギーでスネデカーに並ばれ、それが首位を明け渡すターニングポイントになった。

 とはいえ、ブレアの心の動揺があからさまにプレーに表われたのは終盤では14番だけだった。上がり4ホールでは落ち着きを取り戻し、首位に返り咲こうと必死に戦っていたが、スネデカーやゴメスには、わずか1打、追い付けなかった。

 ブレアが優勝争いから外れて以後、一騎打ちとなったスネデカーとゴメスの対照性も面白かった。ゴメスは37歳、スネデカーは35歳。ゴメスのほうが年上なのだが、米ツアーで通算7勝を挙げ、経験も実績も豊富なスネデカーのほうがゴメスより大きく見えていたことは言うまでもない。

 スネデカーは米ツアー通算7勝を誇る大ベテラン選手。メジャー大会でも頻繁に上位入りを果たしてきた。その経験をフルに生かして、今日のスネデカーはリードされても決して焦らず、慎重にレイアップするシーンが目立った。無理に攻めない彼のスマートプレーは72ホール目でもプレーオフでも見て取れた。だが、そんなスネデカーのゴルフを上回るものをゴメスは持っていたのだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!