【スイング解説】チーピン持ちのアマ必見!服部真夕のフェース開閉を抑えたスイング | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【スイング解説】チーピン持ちのアマ必見!服部真夕のフェース開閉を抑えたスイング

2016年01月14日07時14分

今季服部が“復活”を遂げた要因はスイング変更にあり

 

今季服部が“復活”を遂げた要因はスイング変更にあり(撮影:ALBA)

 昨年の国内女子ツアーの優勝者の活躍を振り返り、強さの要因を探る“Playback LPGATour2015”。第18回目は昨季「CAT Ladies」でツアー5勝目を挙げた服部真夕。毎年高いパーオン率をたたき出すショットメーカーのスイングの秘密とは…。

【解説】服部真夕、フェースローテーションを極力抑えたスイング連続写真(計10枚)

 プロ入り後5年間で4勝を挙げるなど順調に成長してきた服部だが、ここ数年ショットが今までにないぐらい曲がり、アプローチに悩むなど大スランプ期に突入。2015年も開幕2戦目から9戦連続予選落ちするなど前半戦は大苦戦を強いられた。

 だが、「悪い自分を認めないのは現実逃避。アプローチがダメでも勝てる。ショットでカバーすればいい」と前向きになれたこと、そしてパッティングの調子が上がってきたことでシーズン半ばから成績が上昇。8月の『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』で久々にベスト5に入ると、勢いそのままに翌週の『CAT Ladies』で3年ぶりとなる美酒に酔った。

 ツアープロコーチの辻村明志氏は「復活の一番の要因は、球筋をドローボールからフェードボールに変えたこと」と分析する。「以前のドローボールは、フェースローテーションを大きく使っていたため、ドローボール以上に曲がる大きなフックボールが出ることがありました。“振れば振るほどボールが左へ曲がる怖さ”からクラブを振れなくなっていたのだと思います。ですが、昨シーズン中盤から練習場でフェードボールに取り組む姿が見られた。フェースローテーションを極力抑え、腕をしっかりと振るスイングに変えたことが中盤からの好調の要因だと思います(辻村)」

 辻村氏は彼女の腕の振りの速さは“日本ツアーナンバー1”と評す。「速さに加え、腕のしなりの良さも兼ね備えている。トップからダウンスイングに入る切り返しで、腕にしなりを作り、フィニッシュまで最速で腕を振り抜く。力で腕が速くなるのではなく、力が入らないからこそスピードが速くなるんです(辻村)」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本結が初戦でトップ10入り! 結果はこちら
河本が米女ツアー初参戦!「ゲインブリッジLPGAアット・ボカ・リオ」の結果はこちら
米男ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」結果
松山英樹、T・ウッズらが出場した「ファーマーズ・インシュランス・オープン」の結果はこちら
今平が出場! 「オメガ・ドバイデザートクラシック」結果
今平周吾と川村昌弘らが出場した欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!