【スイング解説】笠りつ子はアマチュアもマネしたいボディターンスイング | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

【スイング解説】笠りつ子はアマチュアもマネしたいボディターンスイング

2015年12月21日17時06分

笠りつ子の切れ味のあるショットの秘訣は?

 

笠りつ子の切れ味のあるショットの秘訣は?(撮影:米山聡明)

 今季の国内女子ツアーの優勝者の活躍を振り返り、強さの要因を探る“Playback LPGATour2015”。第9回目は今季「アクサレディスゴルフトーナメント」でツアー3勝目を挙げた笠りつ子。ツアーの元気印で人気者のスイングは、ティショットが安定しないアマチュアに参考になるポイントばかり。日本女子屈指のショットメーカーの強みとは。

【解説】笠りつ子、究極のボディターンスイング連続写真(計11枚)

 「アクサレディス」では7勝を挙げて賞金女王となったイ・ボミとのプレーオフを制した。それまでプレーオフ4連勝だった女王を相手に一歩も引かない攻めのゴルフでチャンスを作り続けると、3ホール目で3メートルを放り込んで激闘に決着をつけた。

 ツアープロコーチの辻村明志氏は笠のスイングを「手を使わないボディターン」と表現する。「良い所は、手先の動きにとらわれず大きな筋肉を大きく使ってくるところ。アドレスで作った手元の角度をスイング中崩すことなく、シンプルに一つの軸でまるでコマのように体を回転させる。常に腕・クラブを体の正面で維持し、体を素早く回転させることにより安定した力強いボールを打ってくるショットメーカーですね(辻村)」

 さらに、辻村氏は中でも特筆すべきはアイアンだという。「アイアンのインパクト音は本当に素晴らしく、今でも耳に残っています。フェース面をオープンに保ち、上からしっかりとボールをとらえているため、高くてスピン量のあるアイアンショットが彼女の武器ですね」。プレーオフなどプレッシャーの掛かる場面で勝利をつかめるのもスイングの完成度の高さゆえだ。

 「また、笠選手の練習は非常にシンプルで、両足を揃え捻転のみでスイングを繰り返す。アマチュアの方には参考になる練習方法だと思います」。ボディターンでボールを運ぶ感覚を身につける実戦的な練習法。一度試してみては?

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!