新人戦V!ゴルフ界の“しのまり”がセンターポジションをゲット! | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

新人戦V!ゴルフ界の“しのまり”がセンターポジションをゲット!

2015年12月10日18時57分

センターをゲット!篠原真里亜が新人戦優勝

 

センターをゲット!篠原真里亜が新人戦優勝(撮影:ALBA)

<LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日◇10日◇グレートアイランド倶楽部(6,480ヤード・パー72)>

 今年のプロテスト合格者のみで競われる『LPGA新人戦 加賀電子カップ』最終日、篠原真里亜が“69”をマークしてトータル7アンダーで激戦を制した。

 プロテスト合格新入生のみが参加できる“一生に一度”の優勝チャンス。「優勝したい」と意気込んでスタートすると、前半3バーディ・ノーボギーとスコアを伸ばしてハーフターン。後半の出だし、10番ダブルボギー、11番ボギーと大きくつまづくも、12番13番で連続バーディを奪取。さらに1つ伸ばすと、その後もきっちりパーを並べて「周りを気にせず自分のアンダーをキープすることに集中した」と猛追する武尾咲希を振り切り、見事初のタイトルを手にした。

 キーとなったのはパッティングだ。ファイナルQTでは最終日“79”と叩き56位。それ以降は“パターに対する意識”を変えたという。「1試合で50センチを3回はずしていた」という程苦手だったグリーン上は、試合中も入るイメージが湧いてこなかった。そんな自分の中に根付く先入観を捨てるため、練習中から「パターは難しくない」と言い聞かせてパッティングと向き合ってきた。

 最終ホール、武尾咲希がバーディパット沈め1打差に迫られたが、パーパットをきっちりと沈めて逃げ切り優勝。「今までだったらはずしていた。自分の成長を感じることができた」と笑顔を見せた。

 幼い頃から日本舞踊を習っていたという篠原は所作が美しく、優勝インタビューでのお辞儀は思わず目が止まってしまうほど。日本舞踊歴は4才から12才とゴルフ歴よりも長い。そんな篠原がゴルフと運命の出会いを果たしたのが小学校5年生の冬。週5で通うほどゴルフ好きの祖母と一緒に訪れたバンコクで、何気なく打った球がいきなり230ヤード超え。その感覚が忘れられなくなった篠原はそのままゴルフを始め、中学でプロの道を志した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!