石川遼 来季はショット力で“世界のトップ集団”目指す | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ゴルフ日本シリーズJTカップ

  • 期間:2015年12月03日-12月06日、
  • 場所:東京よみうりカントリークラブ(東京都)

石川遼 来季はショット力で“世界のトップ集団”目指す

2015年12月07日07時09分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -14
2 藤本佳則 -9
  小田孔明 -9
4 池田勇太 -6
5 片山晋呉 -5
6 宮本勝昌 -4
  黄重坤 -4
8 武藤俊憲 -3
  金亨成 -3
  宮里優作 -3

順位の続きを見る

理想のショットの感覚に近づくことができ、手ごたえを語った石川

理想のショットの感覚に近づくことができ、手ごたえを語った石川(撮影:福田文平)

ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー最終戦『日本シリーズ JTカップ』で国内メジャー初制覇を果たした石川遼。ここ数か月はショット不和が続いていたが、同大会での勝負どころの3日目、4日目は自身が理想とするプレーを体現でき、世界のトップ集団を目指していける手ごたえを掴んだ様子だった。

【関連】国内最終戦『JTカップ』でメジャー初優勝。カップ掲げて笑顔を見せる石川遼

 「自分のプレースタイルはショットメーカーではない。でも2日目から最終日まではショットでスコアメイクができた」と大会を振り返った石川。最終日はプレー中に時折目を閉じて「考えるというより“体をどう動かすか”をイメージした。次の1打にどうアプローチするか。打ったときの打感まで」と想像力を膨らませることで結果を生んだ。

 最終日単独首位発進も逆転負けを喫した『カシオワールドオープン』では、アドレスに入ってからもミスを想定してしまい、終盤に大崩れ。ショットを信じきれない心境を吐露した。だが『JTカップ』では“無心のスイング”を求め、いいショットを打つための精神状態をアドレス以前に作ることを重視。優勝するためだけの“その場しのぎのショット”ではなく、今自分ができる最上級のショットで勝負する腹を決めて18ホールを挑み、最後まで集中力を持続させた。

 「ショットのときに“景色”を消していけるかどうか。これから先どんなコースで戦うとしても」。スイング論に熱く、完璧なスイングを求める飽きなく向上心を持つがゆえ、練習で追求していることをコース上に持ち込んで“逃げて”しまっていた。今回の勝利はメンタル面の成長のための大きな成功体験になったことだろう。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!