石川遼“兄弟二人三脚”で2位T発進!「アプローチは見せられたかな」 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

カシオワールドオープン

  • 期間:2015年11月26日-11月29日、
  • 場所:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)

石川遼“兄弟二人三脚”で2位T発進!「アプローチは見せられたかな」

2015年11月26日18時09分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 平塚哲二 -5
2 小林伸太郎 -4
  チョ・ミンギュ -4
  石川遼 -4
5 S・H・キム -3
  小林正則 -3
  谷原秀人 -3
  李尚熹 -3
9 河井博大 -2
  塩見好輝 -2

順位の続きを見る

この日パー5で2回“直ドラ”を披露!

この日パー5で2回“直ドラ”を披露!(撮影:岩本芳弘)

カシオワールドオープン 1日目◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

 兄弟二人三脚で好発進。石川遼はホストプロとして参戦している『カシオワールドオープン』初日で4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。首位と1打差の2位タイにつけ、キャディとして一緒に戦っている弟・航くんとの“初試合”で結果を出した。

今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る

 「ドライバーは自信を持って振れているけど、フェアウェイウッドからアイアンの調子は良くない。アイアンはここ数ヶ月…。ラフからのほうがいいショットが出る」とセカンドショットの不安から前半は我慢のラウンドで、スタートホールの10番から17番まではパー行進。15番ではラフからのセカンドショットが大きくフライヤーし、グリーン奥のギャラリーに当たるアクシデントがあったが、ロブショットで2mにつけパーセーブするなど耐えしのぐと、上がりの18番のこの日初バーディを奪取し、1アンダーで折り返す。

 後半に入ってもアイアンでチャンスを作り出せない展開となるが、2番パー3で20mのパットを沈めると、さらに1つ伸ばして迎えた8番パー3でも今度は16mのバーディトライに成功。後半に3つ伸ばしてトータル4アンダーと上位につけた。

 「今日良かったのはリカバリーショット」と振り返った石川。傍らでともにラウンドした航くんへは「こんなに調子が悪いなかだけど…アプローチを教えて欲しいというし、その部分は見せられたんじゃないかな」と耐えてスコアメイクする姿を見せることができた。自身が史上最年少でのアマ優勝を果たして注目を浴びた15歳と同年齢だけに「(メディアに出るのは)不安なところ。普通の高校生でいて欲しい。(けど)それでもキャディをやらせたいと思ったし、プレーで伝えたい」という兄としての複雑な感情を持っているが、初日は戦う男の背中を見せることができた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!