武藤俊憲、昨年のリベンジを果たせずしみじみ「やりたかったなぁ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

三井住友VISA太平洋マスターズ

  • 期間:2015年11月12日-11月15日、
  • 場所:太平洋クラブ 御殿場コース(静岡県)

武藤俊憲、昨年のリベンジを果たせずしみじみ「やりたかったなぁ」

2015年11月15日17時53分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 片山晋呉 -14
2 T・クロンパ -13
3 B・ワトソン -12
4 稲森佑貴 -11
  I・J・ジャン -11
  武藤俊憲 -11
  宮里優作 -11
8 藤本佳則 -10
  黄重坤 -10
  小田孔明 -10

順位の続きを見る

最終日が中止となり、選手がグリーンに集められた

最終日が中止となり、選手がグリーンに集められた(撮影:上山敬太)

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇15日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

 濃霧による視界不良のため第4ラウンドが中止となった「三井住友VISA太平洋マスターズ」。54ホールによる短縮競技にて競技が成立。逆転での優勝を目指した選手にはなんとも言えない幕切れとなってしまった。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

 3打差の4位タイから首位・片山晋呉の背中を追いかけるはずだった宮里優作は「やりたかったですよね」としみじみ。「こういうことがあるからちゃんと3日目にトップの位置にいないといけないですよね。でも、これがゴルフ。しっかりと受け止めて来週以降につなげていきます」と前を向いた。

 同じく11アンダーから逆転優勝を狙った武藤俊憲は「やりたかったけど、天気には勝てないのでしょうがない。結果的には賞金を加算できたし、あと3試合頑張りたい」と仕方ないといった様子。ただ、最後には「でもやりたかったなぁ」と昨年1打差で敗れたリベンジを果たせなかった悔しさを吐き出した。

 初出場ながら4位タイにつけツアー初優勝を狙った稲森佑貴は「日曜日もちゃんと回って帰りたかったな」と残念がった。中止決定前はドライビングレンジで濃霧の中でのプレーを想定していただけに悔しい結果となった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!