アンカリング禁止など2016年版ゴルフ新規則を発表 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

アンカリング禁止など2016年版ゴルフ新規則を発表

2015年11月09日20時03分

ツアー関係者から質問を受けるR&A規則担当者

 

ツアー関係者から質問を受けるR&A規則担当者(撮影:ALBA)

 R&AとUSGAは発行する4年に1度発行される2016年版ゴルフ規則についての記者会見を都内で行い、R&Aの規則担当者来日のもと、日本の各協会関係者、報道陣に新たに加えられた規則を説明した。

アダム・スコットも変更に苦労 アンカリングしての打ち方

 今回の主要な変更点は4つ。18-2bのアドレス後にボールが動いた際の罰則規定と、6-6dのスコアカード提出時の罰打付与に関する規定。14-3に定められる人工の機器、異常な携帯品の罰則変更と14-1bに追加されるアンカリングによるストロークの禁止だ。

 出席したツアーの競技委員などが最も注目したのがやはり、パッティングの際のアンカリングの禁止だ。これはクラブを両手と前腕以外の体に直接的につけてストロークすることや、アンカーポイントを用いることでのストロークを禁じているもので、2013年の5月に禁止が発表され選手には約2年半の移行期間が与えられた。

 R&Aの規則ディレクターであるグラント・モイヤー氏は「2010年くらいからアンカリングプレイヤーが目立つようになった。プロだけでなくジュニアでもアンカリングする選手が増えて、最後の手段ではなくなり主流になりつつあったため、禁止の議論が活発になった」と禁止に至った経緯を説明。「R&Aはクラブ全体を自由にスイングすることがゴルフの本質と考えている。アンカリングをしたストロークはプレイヤーのチャレンジ要素を減じるという可能性があったため禁止となった」と続けた。

 説明会ではアンカリングの詳しい禁止事項についての質問も飛んだ。例えば、長尺パターを使用してもクラブを固定せず、擦れる程度に接近しているのは問題ないか。これはルールとしては問題ないが、疑義が生じる可能性はあるとモイヤー氏は説明。今後明確な事例作りも必要となりそうだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!