小平智 池田勇太との激闘を制し、26歳でメジャー2勝目達成! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

日本オープンゴルフ選手権競技

  • 期間:2015年10月15日-10月18日、
  • 場所:六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(兵庫県)

小平智 池田勇太との激闘を制し、26歳でメジャー2勝目達成!

2015年10月18日19時06分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 小平智 -13
2 池田勇太 -12
3 宋永漢 -10
4 黄重坤 -8
5 P・マークセン -7
6 片山晋呉 -6
7 A・スコット -5
  谷原秀人 -5
  金庚泰 -5
10 李京勲 -4

順位の続きを見る

激戦を制し、小平智が日本オープン制覇!

激戦を制し、小平智が日本オープン制覇!(撮影:米山聡明)

日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇18日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>

 小平智池田勇太のマッチレースになった『日本オープンゴルフ選手権競技』最終日。一時は4打差がつくも決着は最終18番ホールまでもつれ込むデッドヒートとなった。

ここまでの男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!

 5番までは小平が1バーディ・1ボギーのイーブンでトータル13アンダー、池田が1バーディ・3ボギーの2オーバーでトータル9アンダー。1番のティオフから多少ナーバスになっていた池田がスコアを落とし、悠々逃げ切りの可能性も感じさせた。だが6番からは池田の流れへと潮目が変わる。池田が連続バーディで息を吹き返すと9番でもバーディを奪い、小平は8番で伸ばしたのみ。両者の差はスタート時の2ストロークに戻り、サンデーバックナインへ突入する。

 後半のスタートホールの10番で緊迫感はさらに増す。小平が1mのパーパットを外して1打差。そして13番でついにスコアが並ぶ。池田が2.5mのバーディパットを外してパーとするも、小平はラフからの3打目のアプローチを寄せきれず、2.5mのパーパットを沈めきれず。終盤に差し掛かる段階でついに横一線になった。

 だが小平がホールアウト後に話した、14番ティグラウンドでの心境は「並ばれた時のほうがラクになりました。リードしていると“逃げよう、逃げよう”っ思ってしまう。並ばれたあとのほうが、ドライバー、ショットが良くなったし、自分の力が出た」。精神を研ぎ澄ますことでショットの精度を高めていったという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!