トンプソン、リラックスプレーで2位へ浮上 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

LPGA KEBハナバンク選手権

  • 期間:2015年10月15日-10月18日、
  • 場所:スカイ72GC オーシャンC(韓国)

トンプソン、リラックスプレーで2位へ浮上

2015年10月17日12時14分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 L・コ -10
2 L・トンプソン -9
3 チョ・ユジン -8
  パク・ソンヒョン -8
5 L・ミリム -7
  Y・ツェン -7
7 フォン・シャンシャン -6
  M・ジュタヌガーン -6
  L・ミヒャン -6
  M・リー -6

順位の続きを見る

LPGA KEBハナバンク選手権 2日目◇16日◇スカイ72GC オーシャンC(6,364ヤード・パー72)>

 レクシー・トンプソンは去年まで自分を追い込みすぎていた。今年始めに新たなメンタルコーチを雇い、悪いショットに引きずられず、瞬間瞬間を楽しむことが出来るように取り組んできた。金曜日、その成果が現れ“67”の5アンダーをマーク。リディア・コとわずか1打差の2位につけている。

 「調子が出て、ポジティブに考え始めるまで時間がかかりました。とても大事なことです」とトンプソンは言う。「ゴルフはメンタルの占める部分がとても大きい。それに気づく必要がありました。彼のコーチングは大きな力になっているし、コースで自分を信頼できるようになってきたと思います」。

 まだ悪い癖が抜けきっていないというトンプソン。怒りは彼女の積極性から生まれるものだが、それで自分自身を見失ってはいけない。

 「昨日はいくつかミスショットをしてしまいネガティブになっていることに気づきました。でもミスショットは出るものです」と、トンプソンは言う。「良いショットに目を向けて、それを繰り返し頭の中で再生することが大切です」。

 金曜日は10番でそれが役立ったという。ティショットでミスをし、ボギー。しかしそれにイラつくことなくパーを並べ、最後の4ホールで2バーディ。週末に向けてコと1打差の2位につけることに成功した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!