石川遼 “+7”急降下も“ドライバーの光明”あり | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ

  • 期間:2015年09月24日-09月27日、
  • 場所:大利根カントリークラブ 西コース(茨城県)

石川遼 “+7”急降下も“ドライバーの光明”あり

2015年09月27日17時55分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 金庚泰 -9
2 武藤俊憲 -6
  池田勇太 -6
4 松村道央 -5
5 高山忠洋 -4
  稲森佑貴 -4
7 片山晋呉 -3
  谷原秀人 -3
  片岡大育 -3
  小平智 -3

順位の続きを見る

最終日でアイアンが足を引っ張り急降下

最終日でアイアンが足を引っ張り急降下(撮影:上山敬太)

アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇27日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,101ヤード・パー70)>

 2アンダー・8位からの逆転優勝を狙った石川遼だったが『アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ』最終日では、最初から最後までアイアンショットがブレ、1バーディ・4ボギー・2ダブルボギー“77”と大荒れの一日となってしまった。

国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!

 前日に「アグレッシブに攻める」と公言していたとおり、序盤からピンハイを狙う、攻めの姿勢を全面に出していた石川。だが2番でセカンドショットをグリーン奥にこぼしてボギーとすると、4番パー5でも1つ落としてしまう。

 そして悪い流れを引きずったまま迎えた6番で痛恨の一打が…。セカンド残り110ヤード地点。「ファーストカットからのショットでスライスがかからず…」と悔やむショットはOBゾーンへ。このホールをダブルボギーとし優勝争いから完全に脱落すると、8番でもダブルボギー。その後も取り返すことはできず、ずるずると順位を落としていった。

 ホールアウト後は「ゴルフをやっていればこういう日もある」と結果に対しては割り切った表情を見せた。米国でのシーズン終盤戦から抱えていたアイアンが大乱調の原因だが、4日間通して「ドライバーでのトラブルがなかった」ことへの手ごたえがあっただけに“悪い大会ではなかった”というのが正直なところだろう。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「アース・モンダミンカップ」ライブフォト
鈴木愛は3週連続Vなる!?「アース・モンダミンカップ」のライブフォトをお届け!
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」ライブフォト
国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」のライブフォトはこちら
日本女子アマも現地から撮れたて写真!
女子アマチュア日本一を決める「日本女子アマ」の熱戦の模様を、現地から撮れたて写真でお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!