3位タイ浮上も…パット名手・谷原秀人の憂鬱 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ

  • 期間:2015年09月24日-09月27日、
  • 場所:大利根カントリークラブ 西コース(茨城県)

3位タイ浮上も…パット名手・谷原秀人の憂鬱

2015年09月25日19時28分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 P・マークセン -5
2 金庚泰 -4
3 谷原秀人 -3
  武藤俊憲 -3
  金亨成 -3
  薗田峻輔 -3
7 S・ストレンジ -2
  A・ブランド -2
  稲森佑貴 -2
  池田勇太 -2

順位の続きを見る

谷原秀人 久々の上位で決勝ラウンドへ

谷原秀人 久々の上位で決勝ラウンドへ(撮影:上山敬太)

<ダイヤモンドカップゴルフ 2日目◇25日◇大利根CC 西コース(7,101ヤード・パー70)>

 「寒い、全然飛ばない」とホールアウト後に嘆いた谷原秀人。嘆きつつも天候の影響を最も受けた前半組のなかで、4バーディ・2ボギー“68”と安定したゴルフを展開して3位浮上。「イーブンで回ればいいかなと思っていた。いいショットもあったのでもう少し伸ばせたかな」とうなずいた。

寒い寒い…雨の男子ツアーの模様を更新中!

 ところで今、谷原にはパットに関して悩みがあるという。この日は雨で濡れたグリーン面に「前に打った人の線がついていないかな〜探していましたよ」とおどけたが、状態は深刻。 昨年まで3年連続平均パット1位のツアー屈指のパット巧者は、「最近グリーンが重いんです。先週もね。今週もプロアマが一番速かったので、そのイメージで打っているからカップに届かない。イメージと違いすぎて嫌なんですよ」。

1コース1コースごと毎年グリーンの感触を覚えているという谷原だが、体に残しているイメージと実際のギャップに苦労している。名手ならではの悩みに「もうちょっと工夫してヘッドを重くしたり、変えていかないとダメなのかなと」。

 今季は序盤の『中日クラウンズ』で2位タイフィニッシュがあるものの、“パットのイメージギャップ”が影響してか、夏のオープンウィークから再開後の『RIZAP KBCオーガスタ』からの3試合は4日間通してトップ10以上はなく、結果も30位台をうろちょろといった状況だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!