スピード時代に、松山英樹も踏みしめる道【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

スピード時代に、松山英樹も踏みしめる道【舩越園子コラム】

2015年09月22日11時15分

松山英樹は自らのペースで歩みをつづけている

 

松山英樹は自らのペースで歩みをつづけている

BMW選手権を制し、今季5勝目、通算7勝目を挙げたジェイソン・デイが、幼いころから夢見てきた世界一の座をついに射止めた。

松山英樹の写真更新中!米国男子ツアーフォトギャラリー

そう言われて、先週までは誰が世界一だったんだっけと思わず首を傾げてしまう人も多いはずだ。先週はローリー・マキロイ、その前週はジョーダン・スピースが世界一だった。

そんなふうに世界ランキング1位の座が毎週入れ替わるのは1992年3月(イアン・ウーズナムフレッド・カプルスニック・ファルド)、1997年6月(タイガー・ウッズアーニー・エルスグレッグ・ノーマン)以来のこと。言い換えれば、20年以上も続いてきたウッズの王座独占時代が今、20歳代の若者たちによって破られ、王座を激しく競り合う新時代が始まったのである。

王座が入れ替わるスピードも早いが、快走のきっかけをつかんだ若者が王者にのし上がるスピードも早い。スピースは今年のマスターズ全米オープンを制し、メジャー4大会すべてで走り続け、瞬く間に世界一になった。デイのアクセルが全開になったのはカナディアンオープン優勝からだ。全英オープン惜敗後の彼の世界ランキングは9位だったが、その翌週、カナダで勝利を挙げると、全米プロ、バークレイズ、そしてBMW選手権を制し、出場わずか6試合で9位から1位へ上昇した。

昨年のマスターズバッバ・ワトソンに負けたスピースを眺めながら、彼がその翌年に世界一になることを想像できた人がどれほどいたか。今年のセント・アンドリュースで悔し涙を流したデイを眺めながら、彼がその2か月後に世界一になることを想像できた人がどれほどいたか。彼らは我々の想像をはるかに超えるスピードで走っている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!