服部真夕がメジャー初制覇へ首位発進!好調を支えるものとは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

  • 期間:2015年09月10日-09月13日、
  • 場所:パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(長崎県)

服部真夕がメジャー初制覇へ首位発進!好調を支えるものとは?

2015年09月10日19時56分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 服部真夕 -4
2 J・ウンビ -3
  藤本麻子 -3
  吉田弓美子 -3
5 堀琴音 -2
6 アン・ソンジュ -1
  酒井美紀 -1
  天沼知恵子 -1
  菊地絵理香 -1
10 豊永志帆 0

順位の続きを見る

首位発進の服部、この日も武器のパターでスコアメイク!

首位発進の服部、この日も武器のパターでスコアメイク!(撮影:米山聡明)

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 初日◇10日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」が長崎県にあるパサージュ琴海アイランドゴルフクラブで開幕。女子ツアー史上最長コースに多くの選手が苦戦する中、服部真夕が4アンダーで単独首位発進を決めた。

服部真夕が首位発進!ライブフォトで初日を振り返る

 初のメジャー制覇へ最高の滑り出しだ。INから出た服部は序盤の11番で“寄らず、入らず”でボギーが先行。それでも13番で取り返すと、15番、16番で5m、6mを沈め連続バーディ。さらにバックナインでは2バーディ・ノーボギーで回り、首位で初日を終えた。

 服部は「CAT Ladies」で3年ぶりの優勝を挙げるなど現在絶好調。だが、「PRGRレディス」から9戦連続で予選落ちをするなどシーズン序盤は大苦戦していた。そこから復調に導いた要因は何なのか。

 「もちろん色々なことがありますが、1番はパッティングですね」と服部。苦しい時期に「ショットが曲がる、アプローチも寄せられないという状態だったので、“何とかパターで勝負しなければならない”」とパッティングに注力。ヘッドアップする癖を修正し、さらに重い芝のときにオーバー気味に打つようにしたことでスコアメイクを支える武器に成長した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!