自分で書いた台本通り ファウラーのメンタル面の成長【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

自分で書いた台本通り ファウラーのメンタル面の成長【舩越園子コラム】

2015年09月08日12時16分

今季2勝目 もう過大評価とはいわせない

 

今季2勝目 もう過大評価とはいわせない(撮影:岩本芳弘)

何が起こるかわからないのがゴルフだと言うけれど、米ツアーがプレーオフシリーズに突入してからは、本当にいろんなことが起こり続けている。

リッキー、マキロイ、松山の写真を毎日アップ!PGAフォトギャラリー

あれほど絶好調だったジョーダン・スピースが2週連続予選落ちを喫したことは誰にとっても驚きだったが、一番衝撃を受けていたのは、言うまでもなくスピース自身。早くも巷で出回り始めたスランプ説を必死に打ち消すかのように「ショットが悪かったわけじゃない。打った手ごたえは以前と変わらない。ちょっとしたメンタル面のエラーだ」。期せずして得た「しばしのオフ」の間に、そのメンタル面をどう整理し、どう対処したらいいかを考えると言っていた。

スピースの言葉は、かつて勝てそうで勝てなかったとき、リッキー・ファウラーが何度も口にしていたのと、そっくりのフレーズだった。デビューと同時に大きな注目を浴びながら惜敗を繰り返したファウラーは、そのたびに「僕の技術が劣っていたわけではない。不調だったわけでもない。メンタルの問題。ほんの少し勝ち急いでしまっただけ」と悔しそうに言っていた。

その後、2012年のウエルスファーゴ選手権で初優勝を挙げた。昨年はメジャー4大会すべてで優勝争いに絡む奮闘ぶりを見せたが、すべて惜敗。そのせいで今年の春ごろには「最も過大評価されている選手」の1位に選ばれるという屈辱的な出来事もあった。

だが、屈辱の1位に選ばれた直後にプレーヤーズ選手権を制し、口さがない人々を実力と結果で黙らせた。そんな経緯がファウラーの自信を高め、メンタル面を強くしたのだろう。今週のプレーオフ第2戦、ドイツ銀行選手権を制したファウラーの逆転優勝は、まさにメンタル面の強さを生かして得た見事な勝利だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」組み合わせ
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」組み合わせ
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手のスタート時間はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー組み合わせ
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の組み合わせはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!