単独2位浮上の川村昌弘 一見“投げやり”は修正力の証明 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

フジサンケイクラシック

  • 期間:2015年09月03日-09月06日、
  • 場所:富士桜カントリー倶楽部(山梨県)

単独2位浮上の川村昌弘 一見“投げやり”は修正力の証明

2015年09月04日19時32分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 金庚泰 -8
2 川村昌弘 -5
3 李京勲 -4
  市原弘大 -4
5 平本穏 -3
  B・ケネディ -3
  M・グリフィン -3
8 S・K・ホ -2
  河井博大 -2
  P・マークセン -2

順位の続きを見る

奇跡的なパットでスコアを伸ばした川村!

奇跡的なパットでスコアを伸ばした川村!(撮影:ALBA)

フジサンケイクラシック 2日目◇4日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 ティショットは曲がったり、ゴロ球だったり…。グリーン上ではパットを打ったらボールの行方を見定めずにすぐ歩き始めたり…。川村昌弘のプレーを1ホールだけ見たギャラリーには“投げやり”に写ったことだろう。だが、スコアは伸びていく。伸ばしやすいINコースの後半では3連続バーディに、イーグル。「ショットの内容は酷いものばかり」という日にも関わらず、4つ伸ばし単独2位浮上した。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

 「昨日はティショットが良かったんですが、今日は左に曲がって。8番でも林にぶち込みましたし…」。前半は2バーディ・1ボギーで1つスコアを伸ばすも本人いわくショットは大荒れだった。だが「後半はライナーというか…“ゴロ球”しか打っていませんよ。そのほうが意外と距離が出ますしね」と前半荒れていたショットをすぐに修正、「奇跡的に入っているパッティング」も相まって流れをスコアを伸ばした。

 「今週はパットが入っている。自分のいい時は“打ってすぐ歩いていたなぁ”ということを思い出したんです」。

 先週の『RIZAP KBCオーガスタ』初日でのパッティングが酷く、悩んだという川村。「悪いときは“丁寧に!”とか“しっかりとしたストロークを!”とか考えたりすることもありますが、いくら考えたって良くならない。リズムだけ気をつけようと」。そこで先週2日目からは「ポーンと立って、ポーンと打って、入っても入らなくもすぐ歩き始めて。まあ入らなかったら格好悪いですけど(笑)」。『RIZAP KBCオーガスタ』大会期間中は結果が出なかったが今週は“奇跡的なパット”を連発。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!