ホステス穴井詩、悲願の初優勝へ“意識改革” | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント

  • 期間:2015年09月04日-09月06日、
  • 場所:みずなみカントリー倶楽部(岐阜県)

ホステス穴井詩、悲願の初優勝へ“意識改革”

2015年09月03日18時21分

意識改革でNEW穴井に!殻をやぶれるか?(撮影:福田文平)

<ゴルフ5レディス 事前情報◇3日◇みずなみカントリー倶楽部(6,559ヤード・パー72)>

 明日開幕を迎える国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」。直近2試合でトップ10フィニッシュしている穴井詩は所属先が主催する大会を良い流れで迎えた。

これまでの国内女子ツアーを写真館で振り返る!

 しかし、「例年、いい流れでここへきて空回りしてしまうんですよね」と苦笑した穴井。やはり、ホステスプロとして「恥ずかしい成績は出せない」というプレッシャーがかかっているようだ。今年は「気楽に行きたい」とあまり気負わずにホステス大会に臨む。

 そんな穴井は、これまで「自分の欠点を克服」することでゴルフを向上させようとしていたが、今その意識を180度変え、「もっと自分の得意な部分を伸ばそう」としているという。この“意識改革”のきっかけは「CAT Ladies」での服部真夕の優勝。服部はアプローチイップスなどに苦しみながらも、武器のショットを活かし3年ぶりの復活優勝を果たした。これを見て苦手意識のあるアプローチとパターの克服ではなく、「ショットをベタピンにつければカバーできる」と持ち前の飛距離と、“アイアンの切れ味が増せば――勝てる”と考えるようになった。これまでとは違った考え方で試合に挑む。

 また、気負わずにいくと話していたが、この試合での目標をたずねられるとそこはやはり「優勝を狙いにいきます」と力強く宣言した穴井。これまで何度も優勝のチャンスを逃してきただけに、新たな意識で臨むホステス大会で“シルバーコレクター”を返上をしたいところだ。“意識改革”で殻をやぶれるかホステスプロに注目だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!