ジェイソン・デイを押し上げた“力”【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

ジェイソン・デイを押し上げた“力”【舩越園子コラム】

2015年08月31日13時22分

苦しんだ日々が作ったデイの強さとは(Photo by Scott HalleranGetty Images)

 

苦しんだ日々が作ったデイの強さとは(Photo by Scott HalleranGetty Images)

米ツアーのプレーオフ第1戦、バークレイズは、いろんなことが起こった大会だった。開幕前は、ジェイソン・デイが自分の転戦用の豪華バスで重い箱を動かそうとして腰を痛め、MRIを受ける事態へ。プロアマ戦は欠場せざるを得ず、一時は本戦出場も危ぶまれたが、なんとか出場でき、デイ自身も関係者も胸を撫で下ろした。

トロフィを掲げるジェイソン・デイ PGAツアーフォトギャラリー

「重い箱の中身は全米プロの優勝トロフィーだった」なんて笑い話まで飛び出し、いざ試合が始まると、デイは腰を痛めた一件を人々に忘れさせるかのごとく、着々と順位を上げていった。

3日目。同組で回ったデイとベ・サンムンが、どちらも7つスコアを伸ばし、そろって首位タイへ浮上した。それは偶然の出来事のようで単なる偶然ではないのだと、デイが説明してくれた。「サンムンの集中力は凄かった。その凄い何かが僕の中に流れ込み、僕の集中力も高まった。そういう現象は間違いなく起こりうる」

韓国の徴兵制度にのっとって、間もなく兵役に就くことが決まっているべ・サンムン。「プレーオフが終わったら、韓国に帰ります」。そして2年間の兵役を終えたら彼は再び米ツアーに戻ってくる。だが、2年のブランクを取り戻すのは、きっと大変になるだろう。せっかく上り調子の今、ツアーを離れざるを得ない厳しい現実。一緒にプレーしながらデイが感じ取ったものは、べが胸の奥底に抱いている断腸の想いだったのだろう。

デイはデイで、不注意から腰を痛めた出来事や断続的に走る痛みを乗り越えつつ、好プレーをしようという想いを抱いていた。今年の全米オープンでは2日目に持病のめまいで倒れながらも3日目は首位に立ち、優勝争いに絡んだ。全英オープンでは惜敗して悔し涙を流したが、悔しさを晴らすかのように翌週のカナディアンオープンで勝利を挙げ、続く全米プロでも勝利。そして今週は腰を痛めながらも3日目に首位タイへ浮上。そして最終日は8アンダー、62をマークして圧勝した。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!