勇太 完全優勝で今季初勝利!「やっとスタートラインを越えられた」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

勇太 完全優勝で今季初勝利!「やっとスタートラインを越えられた」

2015年08月30日17時30分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 池田勇太 -20
2 小田孔明 -15
3 B・ケネディ -14
  重永亜斗夢 -14
5 塚田陽亮 -13
  片岡大育 -13
  K・T・ゴン -13
  深堀圭一郎 -13
9 T・クロンパ -12
  竹谷佳孝 -12

順位の続きを見る

1か月ぶりのツアー再開試合を選手会長・勇太が制覇

1か月ぶりのツアー再開試合を選手会長・勇太が制覇(撮影:ALBA)

<RIZAP KBCオーガスタ 最終日◇30日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

 「14番のイーグルは男子プロっぽいプレーを見せられたんじゃないかな」。『RIZAP KBCオーガスタ』の最終日、後半14番からは首位に立っていた池田勇太の一人旅となった。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

 前半は1番のティショットを林に入れボギー発進となるなど4番まで1つスコアを落とす展開となるが「悔いの残るボギーではなかった」と冷静さを保ち、5番からの3連続バーディ、9番パー5でのバーディで前半でトータル17アンダーまで伸ばす。ハーフターンした池田は10番、12番でさらに伸ばし、この時点で19アンダー。追いすがる小田孔明とは4打差をつける。

 だが次ホールで後半初ボギーとすると、同時刻に小田が14番グリーン上で追撃のバーディを奪い、2ストローク差。13番のグリーンから18番グリーンにあるリーダーボードで2打差を確認し14番へ向かった。

 ここで池田は逆転の可能性を打ち消すティショットを披露する。3日目からティ位置が変わり、1オンを狙える“サービスホール”となった14番。「3日目はピンオーバーしてしまったホールで、今日はピンまで5ヤード手前になった315ヤードだったけど、高めのボールでグリーンに止まるように狙った」という池田は、ピンそば1mにピタリとつけイーグル奪取。再び4打差に戻し、勝負を終わらせた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!