勝っても勝てなくても、それぞれに前進【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

勝っても勝てなくても、それぞれに前進【舩越園子コラム】

2015年08月24日11時58分

51歳!デービス・ラブIIIは衰えぬ闘志で21勝目をつかんだ(Photo by Kevin C. CoxGetty Images)

 

51歳!デービス・ラブIIIは衰えぬ闘志で21勝目をつかんだ(Photo by Kevin C. CoxGetty Images)

米ツアーのレギュラーシーズン最終戦、ウインダム選手権は、成績不振に苦しむ選手たちがフェデックスカップランク125位以内に食い込んで来季シード権と来週からのプレーオフ出場権を目指すラストチャンスの大会。そんな意味合いのせいもあり、この大会は毎年、地味で静かだった。

タイガー、石川遼祭り!ウィンダム選手権フォトギャラリー

だが今年は、タイガー・ウッズの初出場でお祭り騒ぎとなり、そのウッズが首位へ浮上した2日目からは世界中から注目を浴びる大会と化した。ウッズがフェデックスカップランク187位を一気に上げて125位以内へ食い込むためには優勝以外に道はない。不調に喘ぎ続けてきたウッズが優勝する可能性は言うまでもなく低かったが、そのウッズが首位に立ったことで世界中のファンが奇跡を祈った。

しかし、ウッズは3日目から徐々に失速。最終日は11番の第3打をシャンクさせてトリプルボギーを喫し、続く12番もボギー。世界が祈った奇跡は、起こらなかった。

けれど、小さな可能性を信じ、奇跡を祈りながらこの大会に挑んでいたのはウッズだけではない。フェデックスカップランクでウッズの1つ上の186位にいたデービス・ラブも「今季のラストチャンス。最後の賭けだ」と思いながら、今大会にやってきた。

すでに51歳。昨年からチャンピオンズツアーにも参戦しているラブ。とはいえ、年齢やシニア入りが、イコール、米ツアーでの優勝を諦めるということにはならない。「もう1度、勝ちたい」という渇望は今なお彼の中にある。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!