デイとスピースの優勝争いは「運命の粋なはからい」【舩越園子コラム】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

全米プロゴルフ選手権

  • 期間:2015年08月13日-08月16日、
  • 場所:ウィストリング・ストレイツ(ウィスコンシン)

デイとスピースの優勝争いは「運命の粋なはからい」【舩越園子コラム】

2015年08月17日12時16分

デイとスピースとの知られざる接点とは

デイとスピースとの知られざる接点とは(撮影:福田文平)

全米プロ最終日。最終組をともに回るジェイソン・デイジョーダン・スピースを眺めながら、どちらが勝ってもうれしい結果だと思っていた人は多かっただろう。

全英オープンでプレーオフに残れず涙を流すジェイソン・デイ

2008年から米ツアーで戦い始めたデイは、これまでメジャー20試合に出場し、トップ10に9度も入りながら、いつもぎりぎりで勝利を逃してきた。メジャー惜敗の流れは今年も続き、全米オープンでは持病のめまいに襲われ、実力発揮ができず、9位に終わった。全英オープンでは72ホール目のバーディパットがほんの数センチだけカップに届かず、思わず悔し涙を流した。

そんな経緯を経て迎えた今大会で、デイは今回こそはメジャータイトルを得ようと勝利への意欲を燃やしていた。

一方、今年のマスターズ全米オープンを制したスピースは、全英オープンでは4位に終わったものの、今大会の結果次第ではローリー・マキロイを抜いて世界ランキング1位に輝く状況にあり、だからこそスピースも闘志を燃えたぎらせていた。

そんな2人のサンデーアフタヌーンの戦いは見ごたえがあった。デイの2打リードから始まり、終始、デイがリードを守り抜いた展開は、いわゆる「シーソーゲーム」ではなかったけれど、2人の若者の爽やかなプレーぶりとゴルフに注ぐピュアな想いが一挙手一投足から伝わってくるようで、そんな2人を眺めることが楽しかった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」組み合わせ
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」組み合わせ
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手のスタート時間はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー組み合わせ
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の組み合わせはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!