遼、単独首位で大会を折り返すも「正直まだまだ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

クイックン・ローンズ・ナショナル

  • 期間:2015年07月30日-08月02日、
  • 場所:ロバート・トレント・ジョーンズGC(バージニア)

遼、単独首位で大会を折り返すも「正直まだまだ」

2015年08月01日09時42分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 石川遼 -11
2 K・チャペル -10
  R・ファウラー -10
4 D・リングマース -9
5 J・ボーン -8
  B・ガーネット -8
  C・ハウエルIII -8
  K・ミンフィ -8
  D・リー -8
  グレッグ・オーウェン -8

順位の続きを見る

遼、明日からのキーワードは“我慢”(Photo by Rob Carr/Getty Images)

遼、明日からのキーワードは“我慢”(Photo by Rob Carr/Getty Images)

<クイッケンローンズ・ナショナル 2日目◇31日◇ロバート・トレント・ジョーンズゴルフクラブ(7,385ヤード・パー71)>

 シード権確保を目指す石川遼は初日、“63”をマークし首位タイ発進。2日目の前半は出入りの激しいゴルフとなりスコアを伸ばしあぐねたが、終盤は3連続バーディを奪取。この日は7バーディ・4ボギーの“68”でラウンド、スコアを3つ伸ばしトータル11アンダー単独首位で大会を折り返した。

遼のこれまでの戦いを写真で振り返る!

 この日は「あんまり調子がよくなかったが、何とか集中してやっていこうという感じだった」という石川。終盤に入るまでスコアを伸ばせず「我慢の1日だった」が、16番ではあと5センチで連日のホールインワンとなるスーパーショットを披露。17番では4メートル、18番では9.5メートルを沈め「18番のバーディはラッキーだった感はあるが、16番のティショットと17番のバーディがすごく良かった。上がりになるにつれて良くなって来た」と3連続バーディを振り返った。

 初優勝も狙える、最高の位置で決勝ラウンドを迎えるが「正直まだまだです。すごく良い感じで打てているわけではないので。明日に向けて修正点もたくさんある、一生懸命やるしかない」と気のゆるみはまったくない。

 「まだ半分終わっただけ。一番上で折り返しになったが、明日はどんな展開になっても我慢は必要。しっかりと我慢して、最終日につながるようにしたい」。調子は上がらずとも結果が出せているのは、高い集中力とマネージメントの賜物か。ここまでのプレーを無駄にせず、しっかりとポイントにつなげるためも明日のムービングデーは非常に重要。「自分のゴール、残り2日間であと4つ5つ伸ばしたい。それを達成出来るよう明日2つ3つ伸ばせるように頑張るだけ」。自分がやるべきことは、はっきりと見えている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!