石川遼、久々エースで首位発進!「打った瞬間ほとんど完璧」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

クイックン・ローンズ・ナショナル

  • 期間:2015年07月30日-08月02日、
  • 場所:ロバート・トレント・ジョーンズGC(バージニア)

石川遼、久々エースで首位発進!「打った瞬間ほとんど完璧」

2015年07月31日13時30分

今季最高のスタートを決めた石川、今週こそは… (Photo by Rob Carr/Getty Images)

今季最高のスタートを決めた石川、今週こそは… (Photo by Rob Carr/Getty Images)

<クイッケンローンズ・ナショナル 初日◇30日◇ロバート・トレント・ジョーンズゴルフクラブ(7,385ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「クイッケンローンズ・ナショナル」の初日に石川遼が、エースを含む1イーグル・6バーディ・ノーボギーの8アンダーで首位発進を決めた。

米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 
 この日、INコースからスタートした石川。序盤はチャンスが作れずショートゲームで凌ぐ苦しい展開だった。しかし14番でこの日初めてのバーディを奪うとそこから快進撃。15番は1.5m、16番は7m、17番では5m、そして18番では5mをことごとく沈め5連続バーディ。折り返して1番でも2mにつけて自己最多の6連続バーディを奪取。一気に6アンダーに伸ばした。

 怒涛のバーディラッシュで上位につけた石川、後半ではさらに4番のパー3でエースを達成。ピンまで178ヤード。8番アイアンを振りぬくとピン上カラーに着弾。そこで一瞬止まったかのように見えたが、じわじわと戻りピン方向へ。ラインに乗ったボールは数秒かけてゆるゆると坂を下りカップの中にポトリ。2013年のプエルトリコオープン以来2度目のホールインワンとなった。

 そのあとはチャンスを作るが決めきれず、スコアを伸ばすことはできなかったがノーボギーで完走し、第1ラウンドは“63”をマークした。

 本人も「パッティングでしょうね」と振り返るように今シーズン一番と言っていいほどパッティングが決まった。さらにショットも冴えてチャンスを作ったこともこの日好スコアを後押しした。「パッティングがあそこまで入らなくても、内容的には良かったので、明日にもつながると思う」とコメント、充実した表情を見せた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!