ウッズ、“限界説”を一蹴「引退はまだ早い」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

全英オープン

  • 期間:2015年07月16日-07月19日、
  • 場所:セントアンドリュース オールドC(スコットランド)

ウッズ、“限界説”を一蹴「引退はまだ早い」

2015年07月15日07時47分

聖地に戻ってきたタイガー、過去2勝を挙げた舞台で今年はどんなプレーを見せてくれるのか(Photo by Andrew RedingtonGetty Images)

全英オープン 事前情報◇14日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 昨年の手術から不振の続く元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)が「全英オープン」開幕前火曜日の公式会見に臨み、5度目の聖地での戦いと2008年以来遠ざかるメジャー制覇へ自信をにじませた。

全英オープンの最新情報を写真でチェック!

 現在世界ランキング241位。今年に入ってすでに3回も80台を叩くなど、大幅なスイング改造の中不調が続いていたが、その言葉に迷いはなかった。報道陣から投げかけられた、苦しい時期に“引退”は考えたか?という質問には、「引退?ノー。まだ早い。昨年の手術以来、ようやく身体も元に戻ってきた」と真っ向から反論。自身の怪我は本来であれば回復まで1年以上かかるものであると説明し、現在はその回復途上であることを強調した。

 ジャック・ニクラスの持つメジャー18勝は難しくなった?との問いかけにも「そんなことはまったくない。まだ40歳にもなっていないし、ここにいる一部の人間は、もうすでに終わった選手だと思っているかもしれない。でも私はこうしてあなた方の目の前に座っている。トーナメントで戦うのが大好きなんだ」。ささやかれだした“限界説”は一蹴。08年以来“14”で止まったメジャー勝利へ意欲は衰えていない。

 「今はソリッドにボールが打てて、コントロールができている。この場に来て、左右だけではなく弾道もしっかりと変えられる」。復活へ自信をのぞかせるのはショットだけではない。「パッティングは2つチェンジした。セットアップした時のライン取りを変えたことと、グリップを新品に変えたんだ。古いグリップは1年半くらい使っていて、毎回タオルで拭いたりして細くなっていたんだ。変えてサイズも感触も戻った」。聖地への戦いへ不安はない。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!