「自信につながる一打」 矢野東が“価値あるチップイン”で単独首位! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ISPSハンダグローバルカップ

  • 期間:2015年06月25日-06月28日、
  • 場所:ヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県)

「自信につながる一打」 矢野東が“価値あるチップイン”で単独首位!

2015年06月26日20時49分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 矢野東 -10
2 T・アイケン -7
  I・ポールター -7
4 藤本佳則 -6
  武藤俊憲 -6
  H・W・リュー -6
  小池一平 -6
  今平周吾 -6
9 崔虎星 -5
  永野竜太郎 -5

順位の続きを見る

矢野東、荒天の中“66”をマーク!単独首位に

矢野東、荒天の中“66”をマーク!単独首位に(撮影:ALBA)

ISPSハンダグローバルカップ 2日目◇26日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」の2日目は打って変わり荒天となった。そんな中でも初日首位につけた矢野東は荒天をものともせず2日連続の“66”をマーク、単独首位に躍り出た。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

 この日は小雨がぱらつく中でのティオフとなった矢野。これから強くなるという予報に「今は風もないし良いコンディション。何とかこのまま持ってくれ」という気持ちでOUTからスタート。すると6番までに3つのバーディを重ね順調な滑り出しとなった。ところが6番までもった天候が7番で傘が手放せない雨脚に。

 「そこからはね、なるべくボギーを打たないように。そして1ホールでも多く消化しようと思った」と矢野、悪天候の中でもその後1バーディ・1ボギーでスコアを落とさず凌いだ。そして迎えた17番(パー3)で単独首位をに抜け出す一打が生まれる。

 ティショットではグリーンを花道の脇に外しカップまで20ヤードが残ってしまう。その時点で「ボギーもあるな」とややあきらめムードとなった。ところが、そのあきらめかけた2打目がチップイン。起死回生のバーディを奪取した。さらに最終18番でも連続バーディで締めてトータル10アンダー、リーダーボードのトップで決勝ラウンドへ駒を進めることとなった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!