横峯さくら、V争いから脱落「自分の未熟さにすごく悔しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA日本オフィシャルサイト 米国女子
LPGA日本公式サイト

スインギング・スカートLPGAクラシック

  • 期間:2015年04月23日-04月26日、
  • 場所:レイクマーセドGC(カリフォルニア)

横峯さくら、V争いから脱落「自分の未熟さにすごく悔しい」

2015年04月26日13時36分

横峯さくら、チャンスを決めきれず15位Tに後退(Photo by Robert Laberge/Getty Images)

横峯さくら、チャンスを決めきれず15位Tに後退(Photo by Robert Laberge/Getty Images)

スインギング・スカートLPGAクラシック 3日目◇25日◇レイクマーセッドゴルフクラブ>

 強風が吹き多くの選手がスコアメイクに苦戦した3日目。昨日“67”をマークしV圏内の3位タイにつけた横峯さくらも1バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“77”と大乱調。トータル1アンダーまで落とし15位タイに後退した。

横峯さくらの特選PHOTOを写真館でチェック!!

 この日、最終組でスタートした横峯は序盤から苦戦。2番でセカンドがグリーン手前バンカーにつかまりボギーが先行。続く3番(パー3)ではティショットでグリーンを捉えられず手前花道。2打目でもグリーンに乗せられず再び花道。3打目で乗せるも結局ダブルボギーとなった。その後6番、8番でもボギーを叩き前半いいところなく5つ落としてしまう。「ちょっと風があったらスイングが速くなってしまったりとか、前半はそういう感じが続いてしまった。それでボギー、ダボとなってしまった」。

 後半は徐々にショットが戻りチャンスを作ったが、「パッティングがぜんぜん決まってくれなかった」とチャンスを決められず戻せない。それでも最終18番でこの日初のバーディを決めてフィニッシュ。最後に意地を見せたが、V争いから遠く離れた。

 試合後のインタビューでは「セカンドショットの判断だったり、しっかりできていないなと自分の未熟さにすごく悔しい思いでいっぱいです。パッティングから崩れていった感じ」と悔しさを滲ませた横峯。最後のバーディも「弾みというより、ノーバーディよりはバーディがあってよかったという感じ(笑)」と自嘲気味だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!