【舩越園子コラム】米ツアーは激化する戦国時代 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

【舩越園子コラム】米ツアーは激化する戦国時代

2015年03月23日12時21分

連覇を果たしたマット・エブリー。世界ランク96位の彼の逆転勝利は米ツアー戦国時代の象徴か (Photo by Michael Cohen/Getty Images)

 

連覇を果たしたマット・エブリー。世界ランク96位の彼の逆転勝利は米ツアー戦国時代の象徴か (Photo by Michael Cohen/Getty Images)

 ほんの数年前まで「ベイヒル」「アーノルド・パーマー招待」と言えば、それはイコール、「タイガー・ウッズの独り舞台」のようなものだった。

 ウッズが戦線離脱している中で迎えた今年の大会はローリー・マキロイが開幕前からの最大の注目選手だった。だが、マキロイはかつてのウッズのような独り舞台を演じることはできず、世界ランク1位にしては平凡な11位という順位で終わってしまった。

マット・エブリーがトータル19アンダーで連覇を達成

 初日と2日目に首位を突っ走ったモーガン・ホフマンは、米ツアー未勝利の無名に近い選手だ。そのホフマンがそのまま逃げ切り優勝したら、まさにシンデレラ物語だった。が、難コースのベイヒルでホフマン初優勝を阻止しにかかったのはヘンリック・ステンソンだった。

 3日目に単独首位に躍り出たステンソンに、米メディアが意地悪な質問をした。「米ツアーでは、3日目に首位に立った“54ホール・リーダー”が誰一人として優勝できないという傾向がここ8試合で続いている。キミはその傾向をどう見る?」

 ステンソンは即座に答えた。「それは首位に立ったヤツらが優勝できるだけのプレーを誰一人として、しなかったってことだろ?」そう言い終わって、ステンソンはハッとした表情になり「今、僕、あんまりいい顔してないよね」と、思わず苦笑。「明日、僕がその傾向を変えてみせる。そうできる保証はないけど、とにかく僕が精一杯のプレーを心がけることで、現在の米ツアーが昔より厳しい戦いになっていること、より多くの選手に優勝のチャンスがあることの実証はできるはずだ」

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!