上田桃子、1.5メートルを外しプレーオフならず「自分を信じてやっていきたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

Tポイントレディス ゴルフトーナメント

  • 期間:2015年03月20日-03月22日、
  • 場所:若木ゴルフ倶楽部(佐賀県)

上田桃子、1.5メートルを外しプレーオフならず「自分を信じてやっていきたい」

2015年03月22日21時12分

最終18番、1.5mを外しプレーオフ進出ならず!

最終18番、1.5mを外しプレーオフ進出ならず!(撮影:米山聡明)

<Tポイントレディス ゴルフトーナメント 最終日◇22日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>

 「真っ直ぐかちょっとフックで見ていたんですけど、結果的には真っ直ぐしっかり打つしかなかったという感じ。残念です」と外した最終18番、1.5メートルのバーディパットを振り返った上田桃子。プレーオフにあと1打足らず、トータル2アンダーの3位タイで3日間の激闘を終えた。

上田桃子の特選PHOTOをチェック!

 5位タイからスタートした上田は前半でスコアを1つ伸ばすと、上位陣がスコアを落としていることもありトップが見えてきた。そして昨日リベンジを果たした難ホールの11番で8メートルのバーディパットを決めるとリーダーボードの一番上に。

 しかし13番でスコアを1つ落とすと、15番ではグリーン脇の斜面にボールが突き刺さる。無罰で救済を受け、そこからアプローチをうまく寄せるもパーパットを外し1つ落とす。それでも次の16番でバーディを奪い優勝争いに踏みとどまり、トップと1打差で最終ホールへ。

 大観衆が詰め掛けた若木ゴルフ倶楽部の18番。その大観衆に自分のゴルフを見せつけるかのように放ったサードショットはピン側1.5メートルにピタリ。グリーンの周りは大きな歓声に包まれた。だが他の2人のパットを見届けてから「左に曲がるんじゃないかと思って、決めたらすぐ打とうと」と迷い無く打ったパッティングは無常にもカップの右をすり抜け、優勝は手の中からこぼれ落ちた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!