暫定91位T発進の松山英樹 ショットもパットも“話にならない” | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

ファーマーズ・インシュランス・オープン

  • 期間:2015年02月05日-02月08日、
  • 場所:トリーパインズGC(カリフォルニア)

暫定91位T発進の松山英樹 ショットもパットも“話にならない”

2015年02月06日11時40分

出遅れとなった松山英樹

出遅れとなった松山英樹(撮影:岩本芳弘)

ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇5日◇トリーパインズGC サウスコース(7,569ヤード・パー72)>

 カリフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕した、米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」。USPGAの発表する本大会のパワーランキング(優勝予想)で5位と、注目を集めていた松山英樹だったが、「すべてが良くなかった」という、初日は1イーグル・1バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“73”。サスペンデッドのため全選手がホールアウトしていないが、暫定で91位タイからのスタートとなった。

遼のスコアは?リーダーボードはこちら

 初日は比較的難度の低いとされるノースコース(INスタート)でのラウンド。8アンダー暫定首位のニコラス・トンプソン(米国)をはじめ、トップ10以内のうち9人がノースコースを回った選手たちで占めているが、松山は前半からスコアがバラついた。12番パー3の3パットでダブルボギーを叩くと、続く13番パー4でもボギーとなり、3オーバーで前半を終える。

 迎えた後半。スタートホールの1番パー5でイーグル、2番パー4でバーディとスコアをイーブンに戻すが、6番パー3で痛恨の3パット。「あれは難しいラインでしたけど、パット自体も良くなかった。難しいところにつけてしまうのは、ショットの悪さかなと思う」と悔やんだ。

 「所々良いプレーもあったけど、ショットの感覚も良くないし、パットのミスをあった。(イーグルが出て)ティショットがフェアウェイに行きはじめたことで良い感じにプレーできた場面もあったのですが、あのイーグル、バーディーの内容から、最終的にオーバーを打っているようじゃ、話しにならないですね。これが今の状態です」と振り返った松山。コースへの対応については「(対応できていないというのは)違います。ただ自分の状態が悪いだけ」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!