松山英樹、ツアー2勝目へ自己ベストで2位浮上!解説者も日本語で「スゴイ」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

松山英樹、ツアー2勝目へ自己ベストで2位浮上!解説者も日本語で「スゴイ」

2015年02月01日08時03分

同組のマーク・ウィルソンにはにかんだ笑顔を見せる松山英樹(Photo by Maddie MeyerGetty Images)

同組のマーク・ウィルソンにはにかんだ笑顔を見せる松山英樹(Photo by Maddie MeyerGetty Images)

<ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン 3日目◇31日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで開催中の、米国男子ツアー「ウェイストマネジメント・フェニックスオープン」の3日目。トータル2アンダーの27位タイからスタートした松山英樹は、この日だけで8バーディ・ノーボギーの8アンダーをマーク。米ツアー自己ベストとなる“63”を叩きだしてトータル10アンダーの2位タイに浮上した。

松山英樹のリアルタイム速報 PGAツアーリーダーボード

 大観衆も、テレビ解説者も感嘆の声をあげた。ホール全体がスタンドに囲まれた“ザ・スタジアム”の異名をとる名物の16番パー3。ピンまでの133ヤードを50°のウェッジで放ったショットはピン右奥からカップへ向かってスピンバック。

 「入ってたら大盛り上がりでしたよね。残念ですね」とボールはわずかにカップを通り過ぎたが、もう少しでホールインワンかというスーパーショットに大観衆のみならず、テレビ解説者も「スゴイ」と日本語で称賛した。

 「ここまで伸ばせると思っていなかったので、優勝争いに加われたということはすごく良かったと思います」とこの日を振り返った松山。首位のマーティン・レアード(スコットランド)とは3打差。「普通にあした、勝てるようにがんばるだけかなと思います」と淡々とティオフを見すえたが、ツアー1を誇る大観衆の大きな注目は間違いなくこの22歳に降り注がれる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!