前田陽子、初優勝の影に契約メーカーの献身が | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

前田陽子、初優勝の影に契約メーカーの献身が

2014年12月22日17時02分

右から2番目が前田、すっかりピンゴルフの顔だ

 

右から2番目が前田、すっかりピンゴルフの顔だ(撮影:米川昌俊)

 今年も渡邉彩香酒井美紀鈴木愛、アマチュアの勝みなみなどが初優勝し、数多くのニューヒロインが生まれた女子ツアー。彼女たちはこれまでの実績から“いつ勝つのか”が注目されていたが、ほとんど無名の状態から一躍時の人となったゴルファーがいる。

苦労人・前田陽子が激闘を制し涙の初V

 プロ9年目の前田陽子、今年で30歳。今季、「伊藤園レディス」の2日目で首位に立つまで、ほとんどの記者たちが話しをしたことがない存在だった。今季、ようやくツアーフル参戦できる権利を獲得した苦労人。1月までダンボール工場で勤務していたことが大々的に報道され、名前を覚えた方も多いだろう。

 前田は12月10日(水)、大山志保上原彩子一ノ瀬優希、鈴木ら同じくピンゴルフと契約するプロたちと一緒に、同社主催のコンペに登場。トークショーの他、参加者たちとパター勝負などを行い「一番苦手なやつで勝負なんて…お客さんの方が上手かったりして(笑)」と苦笑しながらも、契約プロとしてメーカーのイベントを大いに盛り上げた。

 今年は優勝者と賞金ランク25位までの選手しか出場できない最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場。そこで誕生日も迎えた。そしてオフはイベントに参加、環境はガラリと変化したが、本人にはこの状況を予想していたか聞いてみたところ「全くです。誰が想像するんですか」と笑われてしまった。

 前田はショットの安定度などは定評があったが、これまで成績が上がらなかったのは「パットが原因」だったという。大きな悩みの種で「パターに関しては、ちょっとでも良くなるならなんでも試そうと思ってた。いろいろな人からアドバイスをもらって、いろいろなイメージを試した」とパターを変更したり、いろいろな人から意見を仰いだ。その中で8月ごろ契約メーカー中尺パターを作ってもらった。これを練習グリーンで使用したところストロークが良くなり「優勝につながったと思います」という。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!